ミステリーじけんぼ・ぞくレーブンハースト

ミステリー事件簿:続・レーブンハースト Mystery Case Files: Return to Ravenhearst
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/BIG FISH GAMES STUDiOS(開発)
 『ミステリー事件簿:レーブンハースト』の続編。エマの魂を開放した名探偵だが、同時に殺人者チャールズ・ダリマーの魂も開放してしまったことが判明し、その復讐の炎は周囲に被害をもたらした。そこで英国女王の命により、再び名探偵はレーブンハースト邸を訪れたのだった…。

 前作からゲーム性が一変し、要所要所にアイテム探しPZGを配しているものの全体としてはむしろ『MYST』(Win/Mac/SS/PS、CYAN/サンソフト)に近い謎解きAVGとなった。実写映像や動画もふんだんに使用され、スケールを大幅にアップさせている。
 広大なレーブンハースト邸を行き来しないと解けないパズル性に加え、前作まで「騙し絵探し」(探すべきアイテムが最初から描画されている)だったアイテム探しに一部「間違い探し」が導入され(重要アイテムのみ描画が一度限りのときがある)、更に使えるヒントも1つだけ(時間及びアイテム発見で回復する)になり、難易度も大幅に上昇した。

 また、『MYST』は異世界旅行をテーマにしているのに対し、こちらはサイコホラーを題材にしており、おどろおどろしいグラフィックと相まってかなり怖いゲームに仕上がっている。シナリオも結構凝っており、プレイ後の満足感は格別だ。同じ『MYST』タイプとはいっても前出の『Drawn』とはまったくベクトルの違うゲームだが、こちらも大変お勧めできる。

 しかし、BIG FISH GAMES STUDiOSという会社、このレベルのゲームを998円でリリースし続けるというのはなかなかに恐ろしいものがある。

 ミステリー事件簿:レーブンハースト
 ミステリー事件簿:マダム・フェイト
 ミステリー事件簿:ダイアグローブの伝説
 ミステリー事件簿:13番目の骸骨
 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
 MYST
 Drawn:呪われた塔と魔法の絵の具

 ところで、作中のお菓子の家に出てくる不気味な人形たちは、おそらくはメキシコシティーの西にある「The Island of the Dolls」の人形などの実在するものを参考にしていると思われる。不気味なことこの上ないので、耐性のある人は見てみるのもいいかもしれない。
 
 ゾクっとする不気味な人形たちが住むメキシコの島「The Island of the Dolls(人形島)」:カラパイア
 人形恐怖症を誘発しそうな恐ろしい世界の人形15種:カラパイア
[PR]

by buisochan | 2010-04-25 22:02 | Windows  

<< こーこはどーこのはこにわじゃ ミステリーじけんぼ・レーブンハースト >>