ミステリーじけんぼ・マダムフェイト

ミステリー事件簿:マダム・フェイト Mystery Case Files: Madame Fate
メーカー:メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/BIG FISH GAMES STUDiOS(開発)
 英語版は2007年の作品。カーニバルを主催する占い師マダム・フェイトが、自らが午前0時に殺されることを予見し、名探偵に犯人探しを依頼する。実は『ミステリー事件簿:続・レーブンハースト』の前日譚である。
 例によってAVGのふりしたPZGで、基本的にアイテム探しで規定数のアイテムを探した後、パズルを解くことで容疑者の容疑が晴れていく(晴れ方がアレだが)。

 今回はアイテム探しでは規定アイテムのほかに画面内で密かに変化を繰り返しているヒントでは捜索できないマジックアイテムがあり、それを一定個数見つけていくことでタイムが回復するボーナスステージが開放されるといった仕掛けがある。この変化が結構見逃しやすいので、筆者は初回プレイでは3つ目のボーナスステージを開放できなかった。
 また、パズルステージは、『ハンツビル』『プライムサスペクツ』『レーブンハースト』と違いジグソーパズルではなく、『レーブンハースト』の閉ざされたドアを開放する時のピタゴラ装置的なものと、『続・レーブンハースト』のような純粋なパズル的なものとが混在している。筆者は後者が苦手なので結構スキップしてしまったのだが、最終面はスキップできないので初回は失敗した(2回目は運良く解けた。ちなみに問題は何度やっても同じ)。

 ファンの間では日本語化が期待されていたものの『続・レーブンハースト』が先に日本語化されてしまったことで諦めに近い空気があったのだが、今回新作『ミステリー事件簿:ダイアグローブの伝説』と同時に日本語版がリリースされ、各所で喜びの声が上がっているようだ。

 ミステリー事件簿:レーブンハースト
 ミステリー事件簿:続・レーブンハースト
 ミステリー事件簿:ダイアグローブの伝説
 ミステリー事件簿:13番目の骸骨
 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル:プライムサスペクツ
[PR]

by buisochan | 2010-06-25 12:34 | Windows  

<< カレイジアスペルセウス かくしべや >>