シールオンラインプラス

シールオンラインプラス ← ほのぼのSeal Online ← Seal Online RELOAD ← Seal Online
メーカー:Grigon Entertiment/YNK Japan/Kespi/Excite
 筆者のプレイしているMMORPG。直感的なインターフェイス・操作性、デフォルメの効いたマップ・キャラクター、多少のKBとマウスを使用する単なるクリックで終わらないゲーム性など、筆者のプレイしてきたオンライン(M)MOの中ではもっとも使い勝手がいいもののひとつだ。初心者もすんなり入っていけるだろう。

 ただ、正式運用から約2年経過し、一時期は月額課金が2000円と高めなのもあってプレイヤー数は少なめで、特に3サーバは閑古鳥が鳴いていた。しかし、2005/12/1より基本無料・アイテム課金のシステムに代わり、プレイヤーは増加した(爆発的にとはいえないが)。
 また、秀逸なキャラクターのデフォルメ・アバターは実は『デュープリズム』(PS、スクウェア)の模倣に近く、実際グリゴンの開発する次回作『Qring』は『ぐるみん』(Win、日本ファルコム)に酷似している。また、『シール』『Qring』のマスコットキャラクターである「ローターラビ」は原田たけひと氏のマスコットキャラクターとほとんど同一(歯の形だけ違う)。――と、ビジュアル面でのオリジナリティは正直噴飯ものでもある。筆者も実際友人が多数移住しなかったらやらなかっただろう。

 しかし、ゲームとしてのバランスはすこぶるよく、これに慣れると他のMMOがただのクリックゲームに見えてくるのもまた正直なところだ。世界観やストーリーもなかなかよく、国産ゲーム(『PSO』『FFXI』など)には完成度の点で及ばないものの韓国ゲームとしては非常によい出来だ。これは前作『シール~運命の旅人』(Win、GARAM&BARAM/EA)の存在が大きい。(もっともこれ自体もFFの焼き直し的造りではある)

 残念ながらグリゴンからは開発者がかなり流出しており、当初の開発者は昨年時点で3人、現在では不明だが、ほとんど残っていない。(一部は『ローズオンライン』(Win,Gravity/Triggersoft/フェイス)の初期開発に行ったとのこと)
 また、開発の引継ぎもうまく行われなかったようで、バグ修正の遅さ・アップデートのユーザー希望との乖離・ドロップアイテムのゲームバランスの韓国と日本での希望の違いの無視など、Kespiが折衝に善戦したものの社長も退任し(実質解任だろう)、その意味では不安のあるゲームではある。
 ゲーム自体は秀逸、しかし開発・運営に大きな問題あり、といったところか。

 なお、関連ゲームとして大容量iアプリ版『シールオンラインi』(同社/WebDoJapan)と、2006/4/28発売予定で現在はオープンβ中のオンラインカードゲーム『シールオンラインTCG』(Win、同社/サミーネットワークス)がある。

------------ここまで20060317----------------

 2006年6月の大規模アップデートに際して、バグアイテムによるバグセゲル(Gold)・上位装備への装備化け・大幅な文字化け・クエストの全面進行停止などの大幅なバグが発生。
 しかしその対応策として行われた巻き戻しでは、1・3サーバでは巻き戻しが起こらず、2サーバのみ告知された1日どころか半月巻き戻るという前代未聞の不具合が発生。そしてその対応策が「巻き戻し以前の状態に巻き戻す」(=装備化け・バグセゲルに対する対応の放棄)というとんでもない事態に陥った。
 加えてそれ以外のバグは完全放置、告知も一切なし、ついでに公式4コマ漫画の作者への連絡途絶なども発覚した。また大量実装されたアイテムもドロップ率はごく低く、これまでのドロップ率への不満もあってユーザーの怒りが爆発。

 いつ自分のプレイが無効化されるかもわからず、バグで大金を得たプレイヤーが黙認される…という状態となり(一時期の『ラグナロクオンライン』(Win、Gravity/ガンホー・エンターティメント)でも同様のことが起きたが、アクティブユーザー数が比較にならないためなんとか収まった)、プレイ自体が無意味であると感じたユーザー――廃人と称されるプレイヤーのほとんどを含む――の大量離脱が起こり、古株のプレイヤーにとって事実上このゲームは崩壊した。

-----------ここまで20060701---------------

 今はプレイしていないこのゲームだが、その後アップデートも定期的に行われ、およそ順調と言ってよい運営になっているようだ。また、いつのまにか『シールオンラインRELOAD』から『ほのぼのシールオンライン』に再度名称変更をした模様。『トリックスター』→『トリックスター+』→『トリックスター0(ラブ)』もしくは『トリックスターLove』(Win、ジークレスト/Ntreev Soft)といい、最近のこのへんのゲームはサブタイトルの変更が流行っているらしい。

-----------ここまで20071202---------------
 
 いつのまにか『ほのぼのシールオンライン』から『シールオンラインプラス』にまた名称変更を行った模様。
[PR]

by buisochan | 2009-08-06 12:40 | Windows  

<< けいじだいだげき・きたのちょうせん ヴァンガードプリンセス >>