セーラーふくせんき

セーラー服戦記
メーカー:スタジオWING
 WING初の18禁エロゲー、だがWINGがありきたりなエロゲーを作るはずはなかった。
 ゲーム内容は、『怨霊戦記』の宮寺市を舞台に、女の子のいそうなところで情報を集め、夜になると襲う――と、『ロリータ2』(88、PSK)や『スターシップランデブー』(88/68、スキャップトラスト)に似ている、アクション要素は皆無だが。しかし、夜になると餓鬼に変身するのがキモで、変な走り方、どこかとぼけた餓鬼の動きには笑いがこみ上げてくる。
 Hシーンもどこかそんなユーモアを感じさせるものに仕上がっており、いろいろなタイプの3D少女キャラ(おそらくいろいろなタイプのデフォルメを試してみているのだろう)との一戦一戦は、多分ヌケる人はいないだろうが、楽しんでもらえるだろう。
 なお、もしかしたら『怨霊戦記』のエンディングで妖魔が予告していた『美女の生き血を求めて三千里』(未発売)の現代版なのかもしれない。

 先に書いたとおり、古きよき(?)エロゲーの匂いを放つ、それでいてWINGらしいゲームに仕上がっている。あ、イリュージョンの3Dタイプゲームなどとは比べちゃいけないよ、約束だよ!
[PR]

by buisochan | 2005-11-14 18:58 | Windows  

<< パンヤ ミスターバンプ >>