ファイナルファンタジー11

FINAL FANTASY XI
メーカー:スクウェアエニックス
 『ファイナルファンタジー』の名を冠したMMORPG。当初PS2で、後にWinでもリリースされた。
 基本的には日本版の『EverQuest』(Win、Sony Online Entertainment America/ガマニア)であり、『EverQuest』の父であり現在『EverQuestII』(Win、SOEA/スクウェアエニックス)を制作しているSage Sundi氏を監修に招いている。

 この世界ヴァナディールは3大勢力「サンドリア王国」「バストゥーク共和国」「ウィンダス連邦」、および各勢力の中心地点にある「ジュノ大公国」により構成されており、プレイヤーはジュノ以外のどれかの国に属することとなる。世界は広大で、狩場に行くのに20分かかることもざら。

 また戦闘システムはFF伝統のシステムをオンライン向けにカスタマイズされたもので、ソロでは不可能ではないがほとんど進めないようになっている。しかしPTを編成するといってもなかなか希望のPTを編成できなかったり、役割分担で揉めたりと敷居が結構高い。そのため求められるスタンスが各職業でほぼ決まっており、それを良しとしない柔軟なプレイを望むものは排除される傾向にある。
 プレイ時間も長時間のインを求められ(一度PTを組むと3~4時間の拘束はざら)、不定期にしかインできないプレイヤーはなかなかフレンドを作ることも出来ないかったりする。逆に言うと、はまってしまうととんでもない時間をこのゲームに割く羽目に陥るわけだ。

 なおキャラクターのジョブはスキルポイント方式で、各ジョブ独立してレベルを上げられる感じだ。またクエストをこなすとサポートジョブというサブのジョブを設定することが出来る。どちらも簡単に変えられるため、ナイト40/サポシープ20とか戦士60/サポ白魔道士30とか(引退して長いので適当)のような構成に出来る。ただしこちらもPTでは役に立つ構成、立たない構成などが発生する。

 しかし日本のMMORPG界においては『ラグナロクオンライン』と並ぶ2大勢力のひとつであるのは確か。
 なお現在、基本スターターに加え『ジラートの幻影』『プロマキアの呪縛』という2つの拡張キットがリリースされており、現在は3つ目の拡張キット『アトルガンの秘宝』が制作中。
[PR]

by buisochan | 2005-11-28 10:11 | Windows  

<< リネージュ エックスワンデモンストレーション >>