アビスボート

ABYSS BOAT
メーカー:アクアプラス
 アクアプラス(リーフ)が、『Legam ~レガム~』(PC98、ユーオフィス(アクアプラスの前身))以来の一般向けソフトとして、3D部門をわざわざ作って制作した『バイオハザード』(PS/SS/GC/Win、カプコン)タイプのAAVG。潮流に流される沈没船の中でのクリーチャーとの戦いと脱出を描く。しかし出来が悪すぎたため、販売を断念して「リーフファンクラブ」会員に無償で配布された。
 実際やってみると粗過ぎるポリゴン、悪い操作性、微妙なシナリオ…と無償なのを納得できる出来具合。(とはいえ筆者個人としては無償としては十分すぎるほど遊べたと思う)
 潮流によって内部フロアの上下左右が刻々と変化するのが目新しいといえば目新しいのだが、実はすでにセガがSS向けに出したバイオハザードタイプのゲーム『ディープ・フィアー』(ちなみに内容は『ソーサリアン』(88/98/X1/88VA/ロムロム/MD/Win、日本ファルコム)的お使いゲーム)に先んじられている。(2D作品まで広げると、『セプテントリオン』(SFC、Human)がさらに先)

 ちなみに、作中で出てくる台詞「どうすればいいんだ」はプレイヤーがこのゲームをしたときの苦笑い感と相まって2ch(Pinkbbs)のLeaf・Key板で流行した。
 なおシナリオの青紫(但し今作ではBlue-Purple)こと竹林明秀氏は、2003/11にバイク事故で死去されている。それまでは叩き煽り一辺倒だった2chでの評価が、死去を期に再評価へと向かったのも、彼の実直な性格ゆえのことだったのかもしれない。
[PR]

by buisochan | 2006-05-11 16:06 | Windows  

<< ねっけつこうこオンライン えっくすたいぷ >>