ハイドライド

HYDLYDE
メーカー:T&Eソフト →D Wonderland(吸収合併)→株式会社ディープ(独立)→株式会社デジタルゴルフT&E SOFT(2008/01、名古屋支社開発部門が独立)
 『ドラゴンスレイヤー』と並ぶARPGの草分け。
 アイテムの出現条件などに、当時流行っていた「ドルアーガの塔」の影響がある。
 また、88版他の画面切り替えに対してX1版だけはスムーズスクロールだったのだが、そのせいでメモリ不足になったのか、バラリス城の前にドラゴンが存在しない。また、バラリス(ラスボス)自身も何故か横を向いているので、攻撃をしてこなかった。謎。

 X1テープ版には「ロードを中断すると自キャラの判定が消える」というバグがあり、これを利用するとレベル3でクリアが可能だった。
 ちなみに、Win版も発売された。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 04:33 | PC-8801/mkII/SR/FH  

<< ドラゴンスレイヤー ポイボス >>