プロデュース

PRODUCE
メーカー:デービーソフト(現ほとんどアジェンダ
 開発元はマカダミアソフト、というかデービーが18禁を出す際に使う名前がマカダミア。
 家の中を走りまわる超能力者3人を魔物で誘導して最上階まで登らせる、リアルタイムSLG。『うっでぃ・ぽこ』と同じく斉藤康仁氏作曲の物悲しい音楽が秀逸だった。余談だが、筆者はX1版を最初に解いて認定証をもらった。
 なお、『刻命館』(PS/テクモ)はこのゲームが元になったと思われる。事実、開発中画面はそっくりだった。現在では『影牢』)(PS/テクモ)シリーズにこのゲームの魂は脈々と受け継がれている。

 ところでこのゲーム、よく「ランダム性が戦略の邪魔」だと言われるのだが、実はランダム性はほぼ存在しない(希に意に添わない行動をすることはある)。基本的に、各自の恐怖パラメーターと、遭遇した化け物の能力値により全ての行動が決定されるのだ。
 筆者は全フロアーのタイムテーブルをご苦労なことに製作した(笑)。フロア開始直後にその設定を済ませれば後は何もしなくていい――とまぁ自己満足に浸れる逸品だったのだが、製作にえらく時間をかけた挙げ句、失くしてしまった。勿体無かったなぁ。
[PR]

by buisochan | 2005-06-23 03:23 | PC-8801/mkII/SR/FH  

<< テレプシコラ サイオブレード >>