グラディウス

GRADIUS
メーカー:コナミ/シャープ/SPS
 X68添付ソフトとして有名なX68版。初代X68以外には付いていなかったこのゲーム、実はパーツ扱いで購入可能だった。「原本と比べて違いがあったら腹を切る」とかなんとかSPS担当氏が言っていたが、比べると結構相違点が多かった――が、ゲームのプレイ感は一緒なので特に文句なし。

 それからX1版。ゲームとしては88版と同一であるが、FM音源を装備していないノーマルX1ではDMA割り込みが使えないためBGMが鳴らない。しかし、装備していても鳴るのはPSGだけである。
 X1turboではFM音源を装備していなくてもBGMが鳴る。つまり割り込みの為だけにX1ではFM音源ボードを使用しているという訳。

 なお、テクノポリス誌上に載った改造で、オプションを4つに、レーザーを業務用と同じ長さに出来る。ゲームの速度はほとんど変わらないので、何故最初からそうしなかったのか謎。

 ところでX1といえば、X1turboZ専用に勝手に移植されたグラディウスが存在する(Oh!X誌に数回画面写真が掲載された)。経緯はというと、「最初は冗談で作ったもの(初期の掲載画面)が大反響を呼んでしまい、結局完成させてしまった」というところだったように思う。
 こちらのグラフィックはturboZの機能を生かし業務用にかなり近い出来。でも、たぶんスクロールはさすがにカクカクしていたのでは、とも思う。
[PR]

by buisochan | 2005-06-23 03:40 | X1/X1turbo  

<< ザナドゥ・シナリオ2 ようじゅうクラブ >>