コズミックサイコ

COSMIC PSYCHO
メーカー:カクテルソフト
 現代の若者が突然未来世界に跳ばされてしまう…という異世界もの18禁AVG。
 だが、このゲームはシナリオがよく練られていて、どんでん返し有り、伏線有り、涙有りと飽きさせない。当時の18禁ゲームのシナリオにはなかなかこのレベルのものはなかった。
 なお、ゲーム内にはミニゲームとしてSTGパートが存在するが、この出来はごく普通だった。単体としては非常に物足りない…が、メインはAVGなのでかまわないだろう。
 原画は林家ぱー(現・林家志弦)氏。当時としては綺麗なグラフィックだったが、個人的には少々色キチに見えた(カクテルはみんなそうだが)。苦笑。

 なお、BGM及びアレンジ版を収録したCDが付録。音源はサウンドボード2版を収録している。

--------ここまで2005/06/23---------------

 世間では世界初の泣きゲーは『かわいそう物語』(PC98/88VA、システムソフト)ということになっているような気がするけど、かわいそうなのは主人公の扱いで、純粋な意味での泣きゲーはこれが最初のよーな気がしてきた今日この頃。『マブラヴ』(Win、áge)の源流はここじゃないかなという気がする。

 マブラヴ
[PR]

by buisochan | 2011-03-18 04:20 | PC-8801/mkII/SR/FH  

<< ドローン・あんこくのつばさとき... ミステリーじけんぼ・13ばんめ... >>