ピアキャロットへようこそ2

ピア・キャロットへようこそ!2 
メーカー:カクテルソフト
 CGは最高レベル、題材もかなり好み…のはずなのだが、なんというか今ひとつ食い足りなかった。そしてその理由を考えてみて、「女の子の性格が見えない」ということではないかと思い当たった。
 というのは、ゲーム中女の子の性格を窺うことができるのは「主人公に対する態度」が大半で、女の子自身の内面描写がほとんどないように思えるのだ。つまり、「主人公を介する情報を除けば」箸にも棒にもかからないぐらいの情報しか得られないということでもある。
 それにより、キャラクターの厚みとか深みとかをあまり感じない、例えば「アイドルの写真集に付いている日記を読んだかのような印象」ぐらいの距離感までしか到達できないのではないかと思う、あくまで筆者個人の感想だが。

 ──そんなわけで、シナリオとして一番傾倒できたのは、サターン版のともみシナリオだった。
[PR]

by buisochan | 2005-06-26 07:02 | Windows  

<< どうきゅうせい2 リップスティックアドベンチャー >>