ミスターバンプ

Mr.Bump
メーカー:日本コンピューターシステム
 NCSのゲーム参入第1弾。「ものすごーく遅い『マーブルマッドネス』(AC/X68、ATARI/電波新聞社)」という印象が強いが、制作者側の思惑はむしろ「ピンボールのフィーチャー感を再現する」ことだったそうだ。
 ちなみに隠し通路などの裏技が非常に多いのだが、探すとなると「隠しがなければ死ぬ」ことを試さなければいけないのでえらく大変だった…。

 そーいやこのゲームX1でやると効果音しか鳴らなかったのだが、後日turboを入手して起動したら音楽が鳴り出してびっくりした。これもCTC割り込み関係なのかな。



 ※「人工衛星のプログラミングなどで有名だった」という記述は、同名の別会社であった可能性が高くなったので削除しました。
[PR]

by buisochan | 2005-11-14 07:17 | PC-8801/mkII/SR/FH  

<< セーラーふくせんき スーパーハングオン >>