ディーヴァ

DAIVA 
メーカー:T&Eソフト →D Wonderland(吸収合併)→株式会社ディープ(独立)→株式会社デジタルゴルフT&E SOFT(2008/01、名古屋支社開発部門が独立)
 多機種での壮大なリンクを目指したACG・SLG。
 PC88版『ヴリトラの炎』、FM77AV版『ドゥルガーの記憶』、X1版『ニルヴァーナの試練』、MSX版『アスラの血流』、MSX2版『ソーマの杯』、FC版『ナーサティアの玉座』があり、すべてストーリーが違う。また後に発表された機種X(実際にはPC98)版『カリ・ユガの光輝』にすべて続くことになっていた。
 EGGで販売されている『ディーヴァ・クロニクル』ですべてプレイ可能。…と思ったら、ボーステックからガイアックスに移管する時に通販サイト「アイテムシティ」を引き継がなかった様子なので、通常版を店頭で探すしかない模様。『レリクス・アンソロジー』は見たことがあるので、多分出荷はされているんだろうと思う。※

 志はよかったが、内容的には今ひとつというのが当時のプレイヤーの一致した見解。
 なお音楽は若かりし頃の朝倉大介氏。またX1のFM音源版は、アクションパートで鳴るはずの「Driving Armor」という曲をカットして代わりにテーマ曲を流すという手抜きを行っている。よくある話ではあるが、同じ曲ばっかりで気が狂う(笑)

 ところで、このゲームの固有名詞は基本的にインド神話・インド神学用語から採られている。但し、人名など、全然関係ない用語同士をくっつけて命名している場合があるので、そのまんま使うと出典がバレる。――「ベターマン」とか。←ちなみに知人が気づいた。

ディーヴァ カリ・ユガの光輝

※D4エンタープライズ運営の「プロジェクトEggプラス」にてダウンロード販売が開始された模様。
 しかしこのサイトと本来のプロジェクトEGGの関係は謎。会社の公式サイトを見るとEGGEGGプラス両方へのリンクが並んでいるが、いつの間にかEGGのトップページ以外からGaiaXの表示が消えている。GaiaXとD4エンタープライズの関係は?(・ω・)
[PR]

by buisochan | 2005-12-26 03:30 | Windows  

<< シムズオンライン しんらばんしょう >>