タンくる

タンくる Tancle
メーカー:バンダイナムコゲームズ/ナムコ/VerX(運営)/dwango AG Entertainment(主題歌)
 バンダイナムコゲームズが『ディグダグアイランド-南の島のプクプクポン-』(Win)に続いてリリース(現在はオープンβ)したオンラインゲームで、ゲームジャンルとしては一応4人プレイのFPS。また『バトルシティ』(FC、ナムコ)の3D化オンラインゲームであるとアナウンスされており、実際『バトルシティ』(や基となる『タンクバタリアン』(AC、ナムコ))と同様司令部を守る対戦モードもある。

 キャラクターのポリゴンでの出来が『ゆめりあ』(PS2、ナムコ)以来の素晴らしい出来なのに対し、ゲーム自体は1993年作の『サイバースレッド』(AC、ナムコ)にも遥かに及ばない、「FLASHゲームですかこれ」みたいな、『ハンゲーム』(Win、NHN Japan Corporation)のミニゲームにすら及ばない物凄い出来。同期を取るのに必死になっているのか、ロード時間がプレイ時間並に長いということも悪印象に輪を掛けている。某掲示板で「ハンドガンしか使えないFPS」という形容をされていたのも頷ける。

 ロード時間の短縮は当然として、ゲーム内容も怖ろしくブラッシュアップしない限り商業的にオンラインゲームとして成立することはないだろう。前述の通りキャラクターのポリゴンが素晴らしい(乗用する戦車に比して異常にポリゴンを使用している)ので、非常に惜しいタイトルだ。正式運用までの動きに注目したいと思う。


------------ここまで2008/08/03------------

 8/6、正式運用がアナウンスされた。オープンβにもかかわらず夜間でも100人に遠く及ばない接続人数の状態でこう来るとはさすがに唖然としたが、翌日(正式運用開始アナウンスの当日)「重大な不具合により正式運用を無期限延期」とのアナウンスでさらに呆然。

 褒める点がキャラクターのポリゴンと、対戦開始時の『バトルシティ』の面開始音楽以外なかったこの作品、おそらく正式運用には至らないのではないか。『疾走、ヤンキー魂。 』(第一期、Win、スクウェアエニックス/thinkArts)という「無料のままサービス終了」という前例もあるので、その可能性は低くないと思う。

-----------ここまで2008/08/08------------

 ところが、結局9/4から正式運用開始。課金アイテム(ゲーム内で取得した宝箱を課金アイテムの鍵で開けるという変わった課金方法も通常の課金方法に加えて存在)も並んでいるが魅力的なものはそれほど多くなく(しかし無いなら無いで不利になる)、相変わらず最大接続人数は50人ほど。一時期MMORPG『ベルアイル』(Win、HEADROCK/VerX(運営))とのタイアップキャンペーンで増加したものの、内容が内容なので(そして古参には新人が勝てる要素がないため)すでに沈静化。
 ともあれ、今後の運営が非常に注目される。

-----------ここまで2008/09/29------------

 ベルクス、「ディグダグアイランド」「タンくる」のサービス終了を発表

 そして案の定、2009/04/21をもってサービスを終了する旨の告知が出された。人口も1人とかでゲームすらできない中、特に宣伝もせずよくもここまで引っ張ったものだと感心するやら呆れるやら。南無。
[PR]

by buisochan | 2009-01-22 22:04 | Windows  

<< ぎょうざグルメ・ぎょうざやだっ... のろいのやかた >>