ジョーカー

JOKER 
メーカー:バーディソフト
 『CAL』に続くバーディソフトのAVG。原画は林屋ぱー(現・林屋志弦)氏。
 西部劇+伝奇ものの18禁。グラフィックは大変に綺麗でまたストーリーも結構良いのだが、いかんせんボリュームが『コズミック・サイコ』の半分程度なので多少割高感がある。ちなみにエンディングは完全に『2』に続く内容で、後にFM-TOWNS版は2本カップリングで発売された。

 よくバーディ第2弾といわれるが(筆者もそう思っていた)、バーディソフトは前年に3本ゲームを出しており、そのうち最初の1本は同人ゲーム『ぬけるマスター』の改良版。
 それだけ『CAL』のインパクトが強かったといえるだろう。

 バーディーソフト興亡記
[PR]

by buisochan | 2005-06-30 06:30 | PC-9801  

<< マリオン にせなぐりまくりたわぁ >>