カテゴリ:MZ80B/2000/2200/2500( 3 )

 

スターフリート・ビー

STARFLEET/B
メーカー:テクノソフト
 「スタートレック」をモチーフに3D化したゲーム。内容的に『スタークルーザー』の基になった作品とも言えよう。
 ちなみにこのゲームの敵役「エイリゴン人」はその後『プラズマライン』にも参戦している。

 また、元祖『スターフリート』はMZ80B用に発売された。その後バージョンの違う「/B」が開発され、PC88・X1・FM8・PC6001mkIISRに移植された。画面表示には、MZ版は疑似スプライト、他機種版はワイヤーフレームを使用している。
 ところで、「/B」は、パッケージがそれ以前のカセットケースからブックタイプになったための「B」だそうだ。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 18:03 | MZ80B/2000/2200/2500  

ヒロトンウォーズ

HIROTON WARS
メーカー:キャリーラボ
 ワイヤーフレームで描写される3DタンクSTG。アタリから出ていたAC用ゲームを参考にしていると思われる。
 スタート時の音楽がゼビウスのスタート音だった(笑)。

 ところでX1版だと、NMIリセットを押せばソースが見られる。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 14:19 | MZ80B/2000/2200/2500  

ポイボス

POIBOS PART1/脱出
メーカー:ZAT SOFT/大名マイコン学院
 『ブラックオニキス』と並ぶ国産RPGの名作。MZ700、MZ1500、88、X1などで発売された。
 かなり面白かったのだが、この面白さは偶然の産物だったのか、同社の他のゲームは揃ってクソゲーの域だった。そのためいつの間にか消えてしまい、結局このゲームも『パート1/脱出』のみの発売となってしまった。シリーズでデータ共有が出来るはずだったのでデータを取っていた人もたくさんいたのだが…。

 …と思っていたら、このゲームをWinで復刻した奇特(正しい意味)な方がおられた。そこでの情報によれば、大名マイコン学院は現在では業務用ソフト『大臣』シリーズで有名な株式会社応研(MSIMEにも入ってるのだ!)になっていること、ZAT SOFTはその後進学などで散り散りになってしまったこと、しかしその後MLで連絡を取り合うようになり、パート2についても意欲的であることなどが語られていた。
 また、このゲームの対応機種も、MZ80B/2000に始まり、PC88、60mkII、80mkII、98、FM-7、X1、MZ1200/700、PASOPIA7(東芝)、MULTI-8(三菱、「太陽にほえろ」のマイコン刑事がウインドーの中のこの機種を「最新機種だ」と物欲しそうに眺めた。なお一係で使用されていたのは先行機種のMULTI-16)、BasicMasterL3などが発売されており、その他IF800(沖電気のドットインパクトプリンター内蔵機種)、MB-16000(日立の業務用に近い機種、98などの対抗で当時千葉県庁にもあった)等でも開発されていたとのこと。
 すごい話だ。いや、クソゲーとか書いてごめんなさい(;´∀`)
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 04:32 | MZ80B/2000/2200/2500