カテゴリ:Windows( 173 )

 

アトラクナクア

Atlach=Nacha
メーカー:アリスソフト
 『アリスの館4-5-6』に収録されているゲームの一つ。アンソロジー収録のゲームとは思えないほど音楽・シナリオ・グラフィックが優れていた。筆者の好きなゲームの一つ。
 但し、1回クリアすると以降通してプレイすることが出来ず、話が分かりにくくなるのが難点。

 また、通常グラフィックなどが各人基本1枚と少ない。これはアンソロ収録作だからだと筆者は思っていたのだが、『ぱすてるチャイム』を見る限りそうでもなかったらしい。アリスソフトのゲームにはどこか「お手軽に仕上げた」感のあるゲームもあり、筆者も絶賛できない一因となっている。この不信感はチャンピオンソフト時代から続いているのだが…。
 おにぎりくん氏の「熊殺し」コメントなどを見ると余計にそう感じる。(筆者注:当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったリーフのマスコットが熊であった)
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 05:35 | Windows  

こころ

コ・コ・ロ…
メーカー:r.(アアル.)
 全編殆どエロシーンで構成されるAVG。CGが全てコピック彩色だったのが話題になった(原画家の苦労が偲ばれる)。ゲームは殆ど『MIND』と同じ(1回のプレイ時間も)なのだが、分岐が多い上にエンディング時の性格が次回プレイに影響するため、格段にゲーム性は高い。
 近親相姦や同性愛などのインモラルな題材を無遠慮に描いたため、ソフ倫に触れ回収騒ぎとなった。その後、ソフ倫から脱退し、微妙に修正されパッケージも変更した改訂版が売られた。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 03:50 | Windows  

マインド

MIND
メーカー:まんぼうソフト
 宇宙帝王氏原画のエロゲー。CGの質はさすがなのだが、シナリオ性は皆無で、1時間ちょっとあればオールクリアできる。
 こういうゲームを見ると、『ONE』とか『アトラク=ナクア』とかの欠点はほんの些細なことに見えてくる。下を見ても仕方ないのだが…。

 ところで、スタジオメビウスの手抜き部門がまんぼうソフトだと某関係者に聞いたことがある。それもどーだか。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 03:48 | Windows