カテゴリ:Windows( 173 )

 

スターウォーズギャラクシーズ

STAR WARS GALAXIES
メーカー:Lucus Arts/EA(日本版)
 『ウルティマオンライン』の後継者ともいわれる、自由度満載のMMORPG、略称『SWG』。帝国・同盟どちらのどの職業にもなれ、給料が入り、売買ができる。商人にも、パイロットにもなれる。

 もともとの「スターウォーズ」というタイトルに負けない内容であったが、日本ではパッケージが8000円前後(現在はオープンプライス)と通常のMMOの数倍であり、体験版などもなかなか入手できなかったため、敷居が高くアカウントが伸び悩んでいた。
 そしてついに、2005年10月。年内をもって課金終了、3ヶ月の無料期間を経て運営終了という電撃的な発表がネットを走った。

 希望者は米国サーバへの移住をできるとのことだが、正式運営が1年満たずに終了する大変に珍しいケースになってしまった。(多くの場合運営自体は代わっても継続される)
 他にこのぐらいの期間で運営が終了したケースは『銀河英雄伝説7』(ボーステック)があるが、この場合会社自体が倒産し、また版権も引き継げなかったことが理由であった。
 しかし『SWG』の場合開発自体は続いているので、プレイ続行は一応可能ではある。また、『ストーンエイジ』(日本システムサプライ倒産→ボーステックで復活→GaiaX運営中)、『DRAGON RAJA』((韓国ALEA開発→ネットゲームセンター(NGC)で日本版運営→2003/12/22運営終了、会社消滅→Kespiにて2005/07/21より日本版再運営→2007/09/04運営終了)のような稀有な復活ケースもあるので、しばらく注目が必要だ。

 個人的には、内容的にもっとも現代版『スタークルーザー』(アルシスソフトウェア)に近いゲームだったので、非常に残念。

----------------ここまで05/10/29--------------

 今更な話題で恐縮だが、あえて加筆させていただく。

 日本版の終了と前後した2005/11、スキル制を撤廃してレベル制へ移行・既存の職業も9つだけに再編成される巨大アップデート「ニュー・ゲーム・エンハンスメンツ」が強行された。それも信じられないことに過去のゲーム性を大きく広げる拡張キット『オビ=ワンの試練』発売のわずか数日後に! (しかも以前はとても苦労と運が必要なため輝かしいステイタスだった「ジェダイ」も他職と同列に扱われるようになり、レベル1からなれるようになってしまった)
 要はこれまで『UO』並に自由だった世界を、レベル制のクリックゲーに作り変えたのだ。
 当然、とても多くの――殆どと言ってもいい――プレイヤーが失望し離脱した。そしてこれにより、それまで築き上げてきた『SWG』世界は崩壊し、別のゲームになってしまった。

 「アップデート」とはなんであるかを考えさせられるこの運営のやり方と失敗には、現在でも学ばされるものが少なくないだろう。

 『Star Wars Galaxies』の変更で古参プレイヤーが激減(上) | WIRED VISION
[PR]

by buisochan | 2009-03-03 02:25 | Windows  

タンくる

タンくる Tancle
メーカー:バンダイナムコゲームズ/ナムコ/VerX(運営)/dwango AG Entertainment(主題歌)
 バンダイナムコゲームズが『ディグダグアイランド-南の島のプクプクポン-』(Win)に続いてリリース(現在はオープンβ)したオンラインゲームで、ゲームジャンルとしては一応4人プレイのFPS。また『バトルシティ』(FC、ナムコ)の3D化オンラインゲームであるとアナウンスされており、実際『バトルシティ』(や基となる『タンクバタリアン』(AC、ナムコ))と同様司令部を守る対戦モードもある。

 キャラクターのポリゴンでの出来が『ゆめりあ』(PS2、ナムコ)以来の素晴らしい出来なのに対し、ゲーム自体は1993年作の『サイバースレッド』(AC、ナムコ)にも遥かに及ばない、「FLASHゲームですかこれ」みたいな、『ハンゲーム』(Win、NHN Japan Corporation)のミニゲームにすら及ばない物凄い出来。同期を取るのに必死になっているのか、ロード時間がプレイ時間並に長いということも悪印象に輪を掛けている。某掲示板で「ハンドガンしか使えないFPS」という形容をされていたのも頷ける。

 ロード時間の短縮は当然として、ゲーム内容も怖ろしくブラッシュアップしない限り商業的にオンラインゲームとして成立することはないだろう。前述の通りキャラクターのポリゴンが素晴らしい(乗用する戦車に比して異常にポリゴンを使用している)ので、非常に惜しいタイトルだ。正式運用までの動きに注目したいと思う。


------------ここまで2008/08/03------------

 8/6、正式運用がアナウンスされた。オープンβにもかかわらず夜間でも100人に遠く及ばない接続人数の状態でこう来るとはさすがに唖然としたが、翌日(正式運用開始アナウンスの当日)「重大な不具合により正式運用を無期限延期」とのアナウンスでさらに呆然。

 褒める点がキャラクターのポリゴンと、対戦開始時の『バトルシティ』の面開始音楽以外なかったこの作品、おそらく正式運用には至らないのではないか。『疾走、ヤンキー魂。 』(第一期、Win、スクウェアエニックス/thinkArts)という「無料のままサービス終了」という前例もあるので、その可能性は低くないと思う。

-----------ここまで2008/08/08------------

 ところが、結局9/4から正式運用開始。課金アイテム(ゲーム内で取得した宝箱を課金アイテムの鍵で開けるという変わった課金方法も通常の課金方法に加えて存在)も並んでいるが魅力的なものはそれほど多くなく(しかし無いなら無いで不利になる)、相変わらず最大接続人数は50人ほど。一時期MMORPG『ベルアイル』(Win、HEADROCK/VerX(運営))とのタイアップキャンペーンで増加したものの、内容が内容なので(そして古参には新人が勝てる要素がないため)すでに沈静化。
 ともあれ、今後の運営が非常に注目される。

-----------ここまで2008/09/29------------

 ベルクス、「ディグダグアイランド」「タンくる」のサービス終了を発表

 そして案の定、2009/04/21をもってサービスを終了する旨の告知が出された。人口も1人とかでゲームすらできない中、特に宣伝もせずよくもここまで引っ張ったものだと感心するやら呆れるやら。南無。
[PR]

by buisochan | 2009-01-22 22:04 | Windows  

のろいのやかた

呪いの館
メーカー:三角おにぎり&ともちゃん
 三角おにぎり氏がおそらく10年ほど前に小3の息子さんと共に作ったACG。内容は(すごく大雑把に言うと)『アウターワールド』(Amiga/SFC等、Sierra ONLINE(販売)/Delphin Software(開発))なのだが、実際のプレイはカオスの一言。ちなみに上手くなると数分でクリアできる。
 「イ゛ェアアア」という死亡時の声や「たすかったぜ」などの印象的な説明(?)、プレイヤーが「クレヨンしんちゃん」のパパ・ひろしに似ていることなどからニコニコ動画で人気に火がついた。現在は数種類のバージョンアップ版が勝手に製作されている。

 http://www.nicovideo.jp/watch/sm1928803

 こればっかりは実物を見てもらわないとなんとも。
[PR]

by buisochan | 2009-01-10 10:02 | Windows  

キャッチフィーリング

キャッチフィーリング Catchfeeling
メーカー:ビロニスト

 ロビーサーバから部屋に入って行う、8人対戦型のクイズ…というか連想ゲーム。順番にお題を絵に描いていき、他の7人がそれを当て、当たった時点で描いた人と当てた人に残り時間が得点として入るというシステム。
 やってみるとわかるが、滅法面白い。当てるのは下手だが描くのは上手い人、逆の人、それなりな人、それぞれの個性が如実に出るゲーム。なお最後の問題が終わったあとは絵が残ったままお絵かきチャットモードに入るので、みんなで加筆して絵がカオスになっていくのもお楽しみのひとつ。

 なお、辞書の追加が行える。IMEに登録するのではなく、インストールしたディレクトリにひらがなの羅列でできたテキストファイルを特定の拡張子を付けて置いておくと、その中から自分の回の出題が選ばれる、という寸法。

 人数さえ集められれば、時間を忘れてプレイできる楽しいパーティーゲームだ。
[PR]

by buisochan | 2008-12-05 19:41 | Windows  

びにくのかおり

媚肉の香り ネトリネトラレヤリヤラレ
メーカー:エルフ ←エ・ル・フ
 『河原崎家の一族』(98/Win、シルキーズ(エルフの姉妹ブランド))などでお得意の館ものAVG(成年向)。CGのクオリティは非常に高い。
 しかし、アニメの使用法とか、館内を3Dで探索したりとか、やたら『SOLITUDE(上下)』(FM-TOWNS/98/Win、データウエスト)と通じるものを感じる。

 ソリチュード
[PR]

by buisochan | 2008-10-24 01:33 | Windows  

へいわのいし

平和の石
メーカー:不詳
 先だって欧米にてWiiWareでの配信が報道された名作『洞窟物語』(英名『Cave Story』、Win、開発室Pixel)は「Sue's Workshop」にて同名のマップ・シナリオエディタ(海外製作のものを日本語版にローカライズしたもの)が公開されており、「洞窟王 -洞窟物語 Fan site-」から行ける「洞窟物語アップローダー」にて改造(クローン)作品が多数公開されている。これはその中の一編。
 登場キャラクターは『洞窟物語』とおおよそ同じで、完成度は絶妙なテンポ・難易度設定において元祖に遥か及ばないが、大幅に改変されたシナリオ・マップが魅力。もっとも元祖の真のエンディングを余裕で見られるような腕の持ち主がターゲットらしく、そこら中に配置された即死トラップが嫌らしい。筆者は「火口湖」より先にどうしても進めない。(後注:2008/11/01にノーマル(バッド)エンドのみ達成。分岐点は思い当たるもののまたやり直す気にはなれない)

 ともあれ、元祖本編が好きな人ならプレイしてみる価値はある作品だ。

 また蛇足ではあるが、未完成ながらMark "Shmitz" Major氏制作の『Jenka's Nightmare』という改造版も好評らしい。筆者は未プレイ。

 洞窟物語
 Cave Story for WiiWare(Wii版公式)

 Sue's Workshop
 洞窟物語アップローダー
 洞窟物語改造版 Jenka's Nightmare をお勧めするサイト
[PR]

by buisochan | 2008-10-13 19:59 | Windows  

ソーサリアンオンライン

SORCERIAN ONLINE
メーカー:電遊社/エキサイト/日本ファルコム
 『ザナドゥネクスト』と同様、初代の世界観はそのままに、リアル等身で3DRPG化した作品。今回はオンラインゲーム(MORPG)となった。シナリオも開始時には「消えた王様の杖」「ルシフェルの水門」の2つを用意、その後初代シナリオ残り13本を徐々に拡張していく予定のようだ。

 また、『ディアブロ』世代には懐かしくまたフライトシムなどではいまだ一般的な、P2P(ユーザーがホストPCを作りゲストがそこに入る)システムと、それとは別に「パブリックホスト」(通常のMOやMMOと同じく運営側が用意するホスト)の両方を用意するとのこと。クローズβではP2Pだけだったので敷居が高かったが、まもなく始まる正式サービス(クライアントDL無料、アイテム課金、イラスト集やレアアイテム引換券、グッズなどを同梱したパッケージ版も7980円で3000本限定で販売、とのこと)ではその心配はなさそうだ。

 なお、初代で有名な「不老長寿」については「なし」とのこと。

---------ここまで2006/10/21---------

 いつの間にやら運営からエキサイトが撤退していたり(エキサイトは見切りをつけるのが実に早い)、2年弱の間で追加されたシナリオが「失われたタリスマン」だけだったり、公式のコーナーの最終更新が2007年だったり、非常にやる気を疑われる運営のようだが、それなりにプレイヤーはいる様子。


 ソーサリアン
 ソーサリアン追加シナリオVol.1
 ソーサリアンユーテリティVol.1
 ソーサリアン追加シナリオVol.2 戦国ソーサリアン
 ソーサリアン追加シナリオVol.3 ピラミッドソーサリアン
 ソーサリアン拡張シナリオ 宇宙からの訪問者
 ソーサリアン追加シナリオ ギルガメッシュソーサリアン
 セレクテッドソーサリアン
 ソーサリアン・フォーエバー
 ソーサリアン・オリジナル
 ソーサリアンレジェンド
 ザナドゥネクスト
[PR]

by buisochan | 2008-06-22 04:35 | Windows  

ダークロウズ

DARCROWS -ダークロウズ-
メーカー:アリスソフト
 アリスソフトの出した、成年向け調教陵辱ゲーム。
 『戦巫女』に続いての音声導入(「アリス初」をコメント欄指摘により修正)と気合の入った作品だったのだが、『アトラク=ナクア』(Win、アリスソフト)から原画家として入ったおにぎりくん氏の絵柄がちょっとバランスを崩していた時期で、プレイヤーからの評判は(ゲーム自体の出来はともかく)「アゴ」「アゴがなきゃなぁ」「アゴがなぁ」…といった具合でいやーんな感じ(死語)。
 ちなみにその後バランスは戻り、最新作『超昂戦忍ハルカ』(Win、アリスソフト)では美麗なグラフィックが展開されている。
[PR]

by buisochan | 2008-04-17 09:48 | Windows  

なぞのがくいんアーウィンデール

謎の学院アーウィンデール Magic Academy
メーカー:Yahoo!ゲームズ(主力配布ポータル)/NEVOSOFT(開発)/boonty(日本語化・ポータル)
 1年前に失踪した姉を探すため魔法学校に入学した主人公が、情報を集めるために先生たちの手伝いにひたすら励むというAVGのふりしたPZG。
 要は『ミステリーケースファイル』シリーズ(Win、boonty/BigFishGames)と同様のゲームなのだが、『ミステリー』では画面内に隠されている多くの探し物からランダムで探すものを出題する(つまり「間違い探し」というより「騙し絵探し」)のに対し、こちらの『アーウィンデール』では出題された以外の探し物は描画されていないことが多い(「間違い探し」)のが特徴(ちなみに開発メーカーも違う)。また「騙し絵探し」の際はランダムではなく決まったものが出題されるので、全てのものを把握してからリトライすると数十秒でその面をクリアできるのも特徴。

 このタイプのゲームでは最も簡単な部類。あとラスボスのようなものもいないので、さっくり解けてしまい肩透かしを食う人も多いと思われる。筆者とか。

 なお、姉妹編として『謎の町ミステリーヴィル』が存在する。また、開発のNEVOSOFTは珍しくロシアの会社。


 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
[PR]

by buisochan | 2008-04-05 14:34 | Windows  

ときめきメモリアルオンライン

ときめきメモリアルONLINE
メーカー:コナミ/マルチターム→NHN Japan(吸収)/月光(ドラマシナリオ共作)
 あの一世を風靡した『ときメモ』(ロムロム/SS/PSなど、同社)の最新作。プレイ前は「ネカマオンライン」などと思っていたが、実際にプレイしてみるとまさに学校シミュレーション。『ときメモ』も1はこんな感じだったなぁと感慨に浸りながらプレイした。原点回帰である。

 授業はクイズ形式で、5分間クイズ→10分休憩→5分間クイズ、のローテーション。8教科あるが、これは教科なのかと疑問が出るような雑学も出れば、高校数学そのままの難しい問題も出る。このあたりは覚えないと仕方ないかもしれないが、ある程度このクイズでネカマはばれてしまったりする(ブランドや下着など女子関係のクイズも出るため)。まぁネカマ云々言わずに、素直にクラスメイトとして付き合う分にはそんなこと関係ないのであるが( ´∀`)

 部活はRPGのランダム戦闘方式。キーワードデッキという他のゲームでいうカードデッキを組み、1ターン1ターン繰り返して8ターン終了時に判定勝ちを決める方式。前のターンの行動が次のターンの最初の行動(敵か自分かは自分の能力+カードの持つ固有速度次第)まで継続されるので、慣れてくると結構勝てるようになってくる。でもまぁ、やっぱりランダムなので苦痛な人は苦痛かもしれない。

 また恋愛候補生なるNPCが登場し、進めていくと前作までのような恋愛の駆け引きも楽しめるようになっている。でもそれに興味がなくても十分楽しい。

 前作までにあったような「イベント」は、「ドラマ」という形で登場する。NPCがそのときプレイできるドラマを表示するので、それを選び、演劇のように配役を演じるというもの。まぁ要するにAVG。
 またこれをクリアすることによってキーワードを得ることが出来たり、そのキーワードをMAXまで鍛え上げることによって更なるキーワードやドラマが登場したりする。

 学校に変なトラウマがある人以外の人、特にときメモをシミュレーションゲームとして楽しめていた人にはかなり魅力あるタイトルになっている。チップキャラ(普段動かす小さなディフォルメキャラ)が伝説の名作『クイズ・セーラームーン』(AC、バンプレスト)に並ぶようなすばらしい出来なので、それを目当てにするのもありだろう。

 1ヶ月1200円というのは微妙な金額。でも、一風変わったオンラインゲームを楽しんでみたいという方にはお勧めできる力作だ。

----------------------------------

 ここから5月現在の話。
 正式開始後まともなアップデートはほとんどなく、集団で出来ることは自主トレか授業、あとはチャットをするだけ…と、まぁ本物の学校も似たようなものだが(笑)、あくまでゲームである本作はゲーム性の低さが災いし(恋愛候補生イベントもただ毎日通ってひたすらクリックするのみで、オフライン4作と比べてしまうと正直褒めようがない)、かなり過疎の様相を呈してしまった。人さえいれば会話が弾んでなんとかなるものだが、過疎状態ではそれも難しい。
 素材が非常によく、また作りも丁寧なのに、運営方針により折角の素材が損なわれている風である。もったいないことだ。

----------ここまで2006/5/20------------

 結局正式運用になってから追加された要素はミニゲーム「大富豪」(実装に6ヶ月もかかった)「ときメモ打!」(あとひとつなんか忘れた)、及びアバター装備、+序盤にドラマシナリオ数本、といった呈。
 試験期間も以前は1週間ありその期間内は授業を受けることができない=教室に行く必要がない…といった感じだったのだが、それをコナミは試験期間を3日間にすることで解消しようとした。これにより授業の問題はおおよそ解消されたが、今度は「都合が合わず試験を受けられない」という逆の問題が発生した。
 また、すでに過疎化に歯止めがかからなくなっていたため、プレイヤー側も既にあきらめモードになってしまっていた。加えて追加されたアバター装備がコスチュームというより大道芸人か着ぐるみのような珍妙なことになっていたので、やりこんだプレイヤーが多くいる教室の中は微妙な空気が流れていた。

 このような中で、メディアミックスとして展開されていたアニメも岐阜放送以外放送を終了し、結局2007/7/31に運営終了という運びになった。
 商売上当然といえば当然なのだが、オンライン上とはいえ学校の閉校というのはそれなりに感慨深くなるもので、2007/8/1 0:00から流れ出したスタッフロールを観ながらセンチな気分に浸ったりした。卒業証書の画像も配布されたので、筆者は今でも印刷したものを壁に飾っている。
[PR]

by buisochan | 2008-03-24 11:48 | Windows