カテゴリ:FM-8/7/77/77AV( 11 )

 

ばってんタヌキのだいぼうけん

ばってんタヌキの大冒険
メーカー:テクノソフト
 FM77AVと同時にリリースされ、後に多機種に移植された横スクロールACG。狼男爵に囚われた村人を救うために旅立つタヌキが主人公。
 キャラクターがかわいく描かれており、『パックランド』(AC/P8mkIISR/FC、ナムコ/エニックス)や『スーパーマリオブラザーズ』(FC/GBA、任天堂)という2大横スクロールACG の潮流に乗ろうとした一作だと思われるが、肝心のアクション部分が単調で正直がっかりした。
[PR]

by buisochan | 2005-12-16 12:53 | FM-8/7/77/77AV  

くぎょくでん

九玉伝 KU GYOKU DEN
メーカー:テクノソフト
 FM77AV用を皮切りにX1/88/MSXなど多機種で出た、僧侶…というか坊主を操って妖怪を倒していくRPG風味ACG。題材は『奇々怪界』(AC他、タイトー)に似ているが、キャラが『イース』(88他、日本ファルコム)などよりふた周りほど大きく、その分画面が狭くなって大味な感じ。音楽も『D'』(88他、同社)以前の作品なのでこれも大味。
 ちなみに2人同時プレイが可能で、1Pが「ちんねん」、2Pが「そんねん」。でも画面はひとつしかないので、同じ方向に進もうとしないとスクロールせず、前出の通り画面が狭いのでストレスが溜まる。
 もしかしたらこれを教訓に『ヘルツォーク』(88他、同社)は左右2画面分割の縦スクロールのみになったのかな?

 ちなみに続編の『新九玉伝』はオーソドックスなファンタジーRPGになって、ついでにPC88やX1で出た最後のソフトだった。この後テクノソフトはX68の『サンダーフォースII』を経て、そのメガドライブへの移植をもってコンシューマー機に移行することとなる。
[PR]

by buisochan | 2005-12-16 03:39 | FM-8/7/77/77AV  

みなみたいへいようアドベンチャー

南太平洋アドベンチャー
メーカー:デービーソフト(現ほとんどアジェンダ
 デービー初のAVG。ミクロネシアの秘宝を探してUCLAの学生が旅立つ、というもの。
 出てくる島出てくる島みんな4畳半ぐらいしかないのが特徴…というか本人はプレイしてないので、後ろで見てたらそんな感じだった。ミクロネシアをなにか勘違いしていると思う。
[PR]

by buisochan | 2005-12-08 11:01 | FM-8/7/77/77AV  

ウットイ

UOOTOY
メーカー:コムパック
 APZG全盛の頃にI/O誌に掲載され、後に88など他機種に移植されたAPZG。ゴールに着けばクリアーの全100面。
 ほかのAPZGと違うのは画面のギミック感で、後の『インクレディブルマシーン』(98/PC-AT、Sierra Entertainment/サイベル)をなんとなく髣髴させられる。個人的にはこの感覚が大好きだった。
[PR]

by buisochan | 2005-11-16 20:42 | FM-8/7/77/77AV  

マックスゼロワン

MAX-01
メーカー:ザインソフト
 ザインのデビュー作。FM版以外は後ろに「G」がつく、ちょうど『スターフリート/B』みたいな感じ。雑誌の表3(裏表紙の裏)などで宣伝していたので、相当の自信作だったようだ。
 ゲーム内容は『ドアドア』のスピードで『ロードランナー』をするACG。当然難易度は高かったが、そこそこ売れた様子。ザインは以後、ザイニズムとも呼ばれる独特のソフトを売り出していくことになる。
[PR]

by buisochan | 2005-10-26 10:01 | FM-8/7/77/77AV  

ノボ

NOBO
メーカー:コムパック
 『ゼビウス』タイプのSTG。画面が青い。
 この頃のI/O誌はゼビウスタイプゲーム流行りで、特にFM-7とPC-9801は、2~3ヶ月後には同タイプでもっと出来のよいゲームが掲載されたりした。このゲームもその例で、『ソニックブーン』(確か)の3ヶ月後ぐらいに掲載された。どちらも市販されたが、前のゲームの作者は気の毒だなぁ。あ、飢えてる『ゼビウス』ファンは両方買うからいいのか。
[PR]

by buisochan | 2005-07-03 03:24 | FM-8/7/77/77AV  

アムノーク

Amnork
メーカー:アスキー
 タンク対戦アクションSTG陣取り(謎)。FM-77AVで発売された。作者は『ダービースタリオン』を作った人、薗部博之氏。ちなみに『ダビスタ』には「アムノーク」という馬が出る。
 『DIRES』ほどゲーム画面は『ボールブレイザー』(ルーカスアーツ)に似ていない…が、プレイ感覚自体はこちらの方が近いように思う。なんとなく。
[PR]

by buisochan | 2005-07-03 03:07 | FM-8/7/77/77AV  

タイムゾーン

TIME ZONE
メーカー:スタークラフト
 アップルからの移植。画面数1400を誇る、当時世界最大のAVGだった。鍵は「タイムパラドックス」で、具体的にいうと、「過去に移動すると、未来で手にしたアイテムが消えてしまう」のだ(逆は消えない)。そのため、非常にややこしいプレイを余儀なくされる。
 ちなみに筆者は自分の家にはプレイ環境がなく、クリアしていない。解きたかった…。

 シンガーソングライターの谷山浩子さんは解いたそうだ。すげえ。
[PR]

by buisochan | 2005-06-27 03:15 | FM-8/7/77/77AV  

ちきゅうせんしライーザ

地球戦士ライーザ THE EARTHFIGHTER LYERZA
メーカー:エニックス
 『ブラスティー』と同時期に発表されたSFRPG。後の『ジーザス』でもCGを担当した真島真太郎氏のCG・メカデザインが美しい。ストーリーはポップで、しかし悲劇的な結末が不思議な余韻を生んだ。
 「ミサイル撃つ」「0.5発」という秘技があったけど、FM7版だけだったのかな?
[PR]

by buisochan | 2005-06-23 22:47 | FM-8/7/77/77AV  

ヘリコイド

helicoid
メーカー:マイクロネット
 ロードランナータイプのアクションだが、フィールドが屋外なので、箱庭感があって結構好きだった。
 たぶん、ゲームディスクをFM7とPC88で共用できる最初のゲームではないかと思う。
[PR]

by buisochan | 2005-06-21 18:00 | FM-8/7/77/77AV