<   2005年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

 

しんぶオンライン

神武ONLINE
メーカー:BWB Technology/CJインターネットジャパン
 オンラインポータルゲームサイトネットマーブルでベータ開始したMMO。
 台湾開発のためか中国の武侠を題材にしている点が日本では珍しかったが、ベータ開始直後にBWB Technologyが解散してしまったため、2005年11月末に3ヶ月でオープンベータともども運営をを終了するという未聞の事態となってしまった。
 先だっては、ブロードゲームで運営されている『アッピーオンライン』(Win、Zestturn Entertainment/Seed C)も、こちらは正式運営であったが終了が決定している。やはりMMOの飽和・淘汰が世界的な流れであり、日本でもそれが始まったのかもしれない。
[PR]

by buisochan | 2005-10-31 21:49 | Windows  

関連リンク

 関連メーカーへのリンク、ほぼ完了しました。
 一部直接関係のないメーカーや後継メーカーをリンクしておりますのでお気をつけを。
[PR]

by buisochan | 2005-10-28 19:20 | プロフィール  

ザナドゥネクスト

XANADU NEXT
メーカー:日本ファルコム
 『ザナドゥ』の世界観をそのままに、3DRPGへと完全リメイクした作品。。今までにも『ファザナドゥ』『風の伝説ザナドゥ』(実はドラゴンスレイヤーVIII)『リバイバルザナドゥ』などがあったが、今回はちょうど『レリクス』~『レリクス・ザ・リカーオブオリジン』の変化を思い出すような完全刷新だ。

 筆者はまだプレイできないので、レビューのリンクを張っておきます。

  既存のヌルいRPGなんてやってらんねーという方への処方箋 (詳細解説記事)

 ザナドゥ
 ザナドゥ・シナリオII
 レリクス
 レリクス・ザ・リカー・オブ・オリジン
[PR]

by buisochan | 2005-10-27 16:05 | Windows  

モリコきょうはくじけん

モリコ脅迫事件 
メーカー:ソフトスタジオWING
 筆者はプレイしたことがないのだが、ベーマガに載った広告は鮮明に覚えている。WINGの名前を認識した最初のソフト。
 こないだEGGに収録されたけど、ちょっと高いかな。
[PR]

by buisochan | 2005-10-27 09:30 | MSX  

まほうしょうじょリナ

魔法少女リナ
メーカー:ファミリーソフト
 シリーズ2作目。CGもかわいい無難なAVG。
 後に出た『魔法少女アイ』(colors)と混同しやすいが、あちらとは作風がぜんぜん違う。

 ちなみにフェアリーテール事件のわりとすぐ後に出たソフトだったので、自主規制により裸体に乳首がない。複雑な時代だなぁ。
[PR]

by buisochan | 2005-10-27 09:15 | PC-8801/mkII/SR/FH  

レリクス ザセカンドバース

RELICS -The 2nd Birth-
メーカー:ボーステック
 『RELICS -The recur of "ORIGIN"-』の後を受けて発売された続編。
 前作は『RELICS』を忠実に再現・拡大したものであったが、それ故「抽象的過ぎて意味がわからない」「何をしたらいいかもわからない、不案内過ぎる」などの批判を(前作同様に)受けた。それを踏まえ、素材はそのままに、『ディアブロ』風のRPGとして再構成したのがこの作品である。その為、マップやグラフィックは前作のものを流用し、それに追加要素を加えてある。
 既存のRPGと大きく違う点、「敵を倒しても一切経験値など入らない」「スピリットライドがすべての攻略の鍵」であるのは前作と同じである。しかし今回主人公として「ランディ」を設定し、エリアを越えてスピリットライドを継続することができなくなったため、様々な肉体を渡り歩く要素は影を潜めることとなった。もっともその代わりに「スピリットライドによってランディが成長していく」 という大きな路線変更がなされている。ちなみに前作の最大の問題点だった「足の遅さ」は劇的に改善された。
 なお、ストーリー的にもほぼ矛盾なく続編になっている。また、先日発売された『RINNE』(Win、日本ファルコム)は『2』の遥か未来の話。

 ところで書き忘れたが、P2Pでネットワーク対応も一応していた。このモードで得られるアイテムが激強だったので環境さえあればずいぶん楽になったが、現在はサービスを終了している。
 ちなみにネットワークモードの運営はTWIMNETというところで、その後MMO『プリストンテール』正式運営直後に夜逃げをした悪名を持つ(現在同作品はモリアが運営している)。なお同TWIM社長はその後MMO『シールオンライン』運営元のGBM社長として日本に再登場したが、こちらも正式運営1ヶ月でKESPIに運営を移している…。

RELICS
RELICS -The recur of ”ORIGIN”
RINNE
[PR]

by buisochan | 2005-10-27 08:47 | Windows  

レリクス ザリカーオブオリジン

RELICS -The recur of "ORIGIN"-
メーカー:ボーステック
 Winでリメイクされた『レリクス』。クォータービューになりゲーム性は全然違うが、基本的には「あの」レリクスだ。アイテム類も一新され、また、マルチエンディングが3個から27個に増えている。
 操作性はあまりよくないというのが正直なところだが、その作品世界は他のどこにもない独特なもので、プレイする価値は大いにある。また、オープニングの画質が大変粗いのも不満なのだが、その後発売された廉価版では修正されている。

 あと…オープニングなどの歌は…なんだか『ヘビーノバ』(MCD、マイクロネット)を彷彿とさせる…。まぁレリクスの伝統として「歌謡曲っぽい意外な曲」がテーマ曲になっているので、これでいいのかもしれない。

 公式サイトにかつて存在した掲示板を見ると、支持者と不支持者の分かれ方がほとんど前作と同様なのが面白かった。情報の少なさを不親切と見るか、イメージを膨らませる場所と見るか。「難しいゲームには攻略本が必須」と思っているユーザーには特に受けが悪いようだ。
 もっとも異口同音に聞こえる不満は「足が遅い!」という不満。パッチを当てたり廉価版を購入すればマシになるものの、これには筆者もゲンナリ。バグも多いし。
 でも、この世界観はこのソフトでしか感じ得ないものなので、新たなる続編と思われる『RINNE』のプレイを強くお勧めしたいところだが、あれも前3作の中では一種外伝的なゲームなので、たまーに廉価版ソフト売り場に売ってる足の遅さ修正済みの『オリジン』をやってみるといいだろう。

RELICS
RELICS -The 2nd Birth-
RINNE
[PR]

by buisochan | 2005-10-26 11:13 | Windows  

かるいざわゆうかいあんない

軽井沢誘拐案内
メーカー:エニックス
 『オホーツクに消ゆ』(ログインソフト)に続く堀井雄二の推理AVG第3弾。今回はトレンディードラマ(死語)風な雰囲気のゲーム。相変わらず出来は秀逸。
 第6章はRPG的なゲームになっているが、女性キャラはパンツで戦ったり、伝説のパンツがあったり、なんというか遊び心が多い。
 ちなみにパッケージには写真(というかカード)が入っていて、コピー品のディスクしか持ってない人間は、これを参照させられることによってゲームが進まなくなる…という仕掛けがあった。
[PR]

by buisochan | 2005-10-26 10:25 | PC-8801/mkII/SR/FH  

週刊少年ジャンプ

 当時はエニックスやアスキーを筆頭にソフトウェアコンテストが多く行われていたが、あの週刊少年ジャンプもエニックスと組んでソフトアイデア(実際に作らなくてもいい)コンテストを行った。
 エニックスの『走れ!せんべえさん』(X1)などはこの時の入賞作品だが、大賞はというとよりによって『ぺったんぴゅー』(AC、サン電子)の盗作だったため、2回目が行われることはなかった。なんだかなぁ。
[PR]

by buisochan | 2005-10-26 10:15  

しゃんはい

上海
メーカー:スタークラフト
 パズルゲームではなくRPG。今回は海外移植ではなく、『アリババ』(同社)のシステムを流用して日本オリジナルで作った。
 史上最弱の主人公ジェイミー・スターは、壁に体当たりすると即死してしまう。FM7などではキーリピートが最大の敵だった。
 なお、続編に『九龍島』『闘氣王』(東京と掛けている)があるが、後者ではファミコンなどをパーティーに加える謎ゲーと化していた。
[PR]

by buisochan | 2005-10-26 10:02 | PC-8801/mkII/SR/FH