<   2006年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

ぎゃくてんさいばんぴーしー

逆転裁判PC
メーカー:カプコン/ソースネクスト/KID
 …と思っていたら暮れにPC版がソースネクストから発売されていた。筆者は『逆転裁判EZ』の今後終了までにかかる期間と課金額を吟味して、結局こっちに乗り換えた。一応クリアして、面白さには満足している。
 ただこのゲーム、GBAのエミュレータの上に載っているだけのようで、なんだかもっさりしてるし(『EZ』のほうが軽いぐらいだ)画面はよくバグるし標準画面は小さいし(GBAの原寸)、拡大すると液晶モニタではえらく見にくくなるしで、製品としての出来はさほどよくない気もする。でもこの時期でこの価格ならこんなもんかな、という気も。

 ところで『EZ』の時に書き忘れた余談。
 日本ではあまり馴染みのない法廷ものを手軽なAVGに持ち込んだ作品として、この『逆転裁判』の功績は大きい。でも実は欧米では陪審制度がある関係もあり、映画やドラマで裁判ものはわりとポピュラーで(でもゲームではどうか知らない)、「12人の怒れる男」(1957)などが有名だ。(さらに余談だが、この映画をオマージュとした日本映画に、三谷幸喜脚本の「12人の優しい日本人」(1991)というコメディ映画がある。これはレンタルビデオ屋にもよくあり「怒れる男」と並んでお勧め。あとついでに今調べたら、舞台版を去年の暮れから上演している模様)
 …少々脱線したが、そういう中でもっともこの『逆転裁判』に近いテイストを持つのが、「弁護士ペリー・メイスン」(1959)「新・弁護士ペリー・メイスン」(1985~87)のTVシリーズだ。これはE.S.ガードナー原作の名作ミステリーをTVドラマ化したもので、ガードナー自身も監修している。旧作新作ともに主役のペリー・メイスン役はレイモンド・バー(※)。秘書のデラ・ストリート(こちらも両方ともバーバラ・ヘイル)、助手で調査担当のポール・ドレイク(ウィリアム・カット)、「新」ではその息子として助手を継いだポール・ドレイク・Jr.(ウィリアム・ホッパー、カットとの関係は不明)などとともに依頼者が巻き込まれた謎を解き明かしていく。スタイルは『逆転裁判』と全く同じで、実地調査・法廷を繰り返し、真犯人を暴き出すことで依頼者の無実を証明する、というもの。
 残念ながら日本版DVDは出ていないようなので(VHSビデオは旧作4本新作2本出ているが絶版)、NHKBSやスカパーなどでごくたま~~にやるのをチェックしておくといいかもしれない。

※往年の名優なのだが、1985年版「ゴジラ」・US版「ゴジラ」と評判の悪いゴジラ映画双方になぜか出演しており、特にUS版の際にはラジー賞(ゴールデンラズベリー賞、その年のワーストな映画に対して送られる裏アカデミー賞)助演男優賞も受賞してしまっている。(´・∀・`)

逆転裁判EZ
[PR]

by buisochan | 2006-01-22 04:29 | Windows  

ぎゃくてんさいばんいーじー

逆転裁判EZ
メーカー:カプコン
 BREWアプリ携帯向けに配信されているアプリケーション。中身はほとんどGBA用と変わらないが、アプリ容量の関係で1話につき推理パート・裁判パートの繰り返しで1~7回に分けて実現している(この分け方は第4話第7回以外GBA版と同じ)。
 困ったことにその配信状況は機種によってまちまちで、第4話第7回まで完全配信されている機種もあれば、第1話すら配信されていない(なぜか第2話のほうが先だったりする)機種もある。筆者の携帯PENCKでは当初まさにその状況で、配信は1ヶ月に一度の第2週あたりにしかないので、月額315円はひじょーに微妙な額だ(現在第3話第3回)。筆者が携帯ゲーム機嫌いでなくGBAを持っていたら、間違いなくやらなかったのは確か。でも、配信を楽しみにしている自分もここにいるので困ったものだ。(´・∀・`)

逆転裁判PC
[PR]

by buisochan | 2006-01-16 11:15 | 携帯電話  

ピース

P/ECE
メーカー:アクアプラス
 2001年11月30日にアクアプラス…というかリーフがなぜか出した白黒LCDの携帯ゲーム機。言ってみればポケットステーション(PS、ソニー)の延長上にあるようなマシンだが、ポケステも過去の遺物となった現在から見ると…。
 Windowsでの開発環境が標準添付されており、一部のユーザーの支持を得た。…が、大部分のユーザーには「なぜ出すのか意味不明」「税金対策か」などと憶測を呼んだ。
 うちでもこないだ荷物を整理してたら出てきたが、開封の形跡はなかった。(´・∀・`)

 この項目はまだ書きたいことがあるので仮アップ。後日もう少し詳細な記事を書く予定。
[PR]

by buisochan | 2006-01-04 18:54 | Windows  

ザ スクリーマー

THE SCREAMER
メーカー:ストラトフォード・コンピューターセンター(マジカルズゥ)
 サイバーパンク…というかホロコースト・パンク(現代世界崩壊後を描いたパンクス)を全面に押し出しているのが特徴のRPG。要するに北斗の拳にCYBERブルーを足した感じだ(誰が覚えているのか)。当時はこういうジャンルの作品は少なく、異彩を放っていた。

 ちなみにキャラクターデザインは、「CB感。REBORN」「キリン」などのバイク漫画の巨匠として現在も活躍中の東本昌平(はるもとしょうへい)氏だそうだ。氏はこのゲームのマニュアルにも漫画を描かれている。
 
[PR]

by buisochan | 2006-01-01 11:56 | PC-8801/mkII/SR/FH