<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

アークスクロス

ARCUS X~聖剣ノ継承者、忍び寄る淫夢~
メーカー:eants inc./日本テレネット
 あの日本テレネット(ウルフチーム)自らが出す『アークス』のエロゲー。

  (´・∀・`) ヘー

 なお『聖剣ノ継承者、忍び寄る淫夢』はシリーズ第1作のサブタイトルで、『聖剣戦争、淫獄の軌跡』『偽りノ隣人、淫行への招待状』『シムサード、淫欲調教の宴』『神威降臨、ピクトへの想い…』と続いていくらしい。展開をみる限り『ARCUS II』『同III』(88/98/MD(IIIはMDのみ)、ウルフチーム)の18禁化リメイクとも思えるが、『アークス・オデッセイ』(MD/X68、ウルフチーム)との前後関係は不明。


 ヴァリスX ~優子・もうひとつの運命~


 ちなみにこの記事は『ヴァリスX』の時の記事をコピペして作っている。(・ε・)キニシナイ!!
 しかしサブタイトルがみんなエロくなっているのは『ヴァリスX』が売れなかった反省からだろうか。そもそも観点がずれt
[PR]

by buisochan | 2007-10-28 22:42 | Windows  

フォーエム

4m(フォー・エム)
メーカー:くるみ(TGL系列のブランド、現在は消滅)
 『セツの火』(Win、メディアビジョン)で長期休眠から復活を果たした遠藤正二朗氏が、休眠前に出した18禁AVG。記憶をなくした少女をカウンセリングしていく過程で起こるさまざまな事件を題材にしている。

 前作『ひみつ戦隊メタモルV』(SS/PS、毎日コミュニケーションズ)が今ひとつだった筆者は積みゲーとしてしまいこんでいたが、先日発掘。でもこのゲーム非常に評判がよくなかった上確かパッチ当てないとまともに動かなかった記憶があるので、相変わらず未開封。周囲にWin環境持った遠藤正二朗ファンがいたら進呈するのになぁ。
 ちなみにヤフオクでは売れませんでした(´・∀・`)


 魔法の少女シルキーリップ
[PR]

by buisochan | 2007-10-28 21:23 | Windows  

まほうのしょうじょシルキーリップ

魔法の少女シルキーリップ 三人の女王候補/シルキーリップよ永遠に
メーカー:Waffle/日本テレネット
 1992年にメガCDで発売された遠藤正二朗氏監督・脚本のAVG『魔法の少女シルキーリップ』をWinに移植・18禁化したもの。『ヴァリスX』(Win、日本テレネット)なんかもあってもうなんでもありだ(´・∀・`)。あの伝説のOP曲も収録されるそうで気になる一本。

 ちなみに原作『シルキーリップ』から同じく遠藤氏監督・脚本の『ひみつ戦隊メタモルV』(SS、毎日コミュニケーションズ/フェイクラフト)を眺めて「木下崇(氏)絵が上達したなぁ」とか思ったけれど、今度はさすがに別人だろう…と思ってたら、ひねりもなくやっぱり別人だった(さくやついたち氏)。

 4m
[PR]

by buisochan | 2007-10-28 21:12 | Windows  

テニクル

Love & Duce テニクル
メーカー:H!GH5 Entertainment/KUDO★ENT(韓国開発)
 テニスのオンライン対戦ACG。
 2007/8/10の正式運用開始からわずか2ヵ月半後、2007/10/31で運営終了というおそらく史上最短の期間で終了することとなった。

 もっとも、『シールオンライン』(Win、YNK JAPAN)が正式運営開始後2ヶ月で運営が撤退、別会社が引き継いだという例もある。その引き継いだKESPIという会社の当時の社長がハイファイブの現社長澤紫臣氏だというのも奇妙な縁。
[PR]

by buisochan | 2007-10-17 01:49 | Windows  

いもうとのへやからだっしゅつ

妹の部屋から脱出
メーカー:うはw本の虫www
 同名の中国産ゲームがあるが別物。
 妹の部屋に閉じ込められた主人公が部屋を脱出する、定番の「脱出モノ」AVG。昨今のエロゲーの影響か(エロゲーを卑下するものではなく、また関係を断定するものでもないことを申し添えます)ちょっぴり後味が悪い。なおFLASHなのでMacでも動くと思われる。

 ゲーム自体は15分もあれば解けるのだが、妹の手紙を全部見つけようとすると(トゥルーエンドの条件)、結構苦戦するかもしれない(パターンさえわかれば結構簡単)。筆者は4回目で到達。
 ちなみに最終的には、「部屋の中から」鍵を使ってドアを開けるという微妙に違和感のある行動をすることになるが、おそらく妹が事前にドアノブを内外逆に付け替えていたのだと思われる。タブン。
[PR]

by buisochan | 2007-10-14 21:29 | FLASH  

ファンタシースターユニバース イルミナスのやぼう アークガルドのげんえい 

PHANTASY STAR UNIVERSE イルミナスの野望 アークガルドの幻影
メーカー:セガ
 『ファンタシースターユニバース イルミナスの野望』(PS2/Win、セガ)公式で閲覧できるムービングコミック(早い話がBGM/SE付紙芝居)。前作と『イルミナス』との間の話になっている…が、一気に『エピソード3』前まで進んでしまうので、読んでしまうと『イルミナス』オフライン版の完全なネタバレになってしまうという、微妙な位置づけになっている。
 どうやらオフライン版は基本的にオンライン出来ない人がターゲットで(PS2版プレイヤーには多いかもしれないが)、要するに豪華なオマケという位置づけらしい。なんだかなぁ。
[PR]

by buisochan | 2007-10-04 19:41 | FLASH  

ファンタシースターユニバース

PHANTASY STAR UNIVERSE
メーカー:セガ
 セガがおそらくシリーズ最大の開発費・広告費をつぎ込んで発売した、オフライン/オンラインARPG。オンラインの形式はMOだが、ロビーがやたら広く買い物もできるのがMMO寄りな特徴。
 ゲーム自体は操作感もよく(『PSO』と微妙に違うので慣れるのに多少時間がかかる)、さくさく進む。オフラインモードは1話完結のエピソードが続いていくという『サクラ大戦』(DC/PS2/Win、セガ/RED/オーバーワークス)タイプで、さらに第4章をクリアーすると、オンラインと同様にクリエイトできるマイキャラクターでひたすら周回できる「エキストラモード」が追加される。なおアクション性は、『PSO』では必須だった目押しのコンボがボタン連打で出るようになったため、比較すると若干落ちている。
 なお、今のところ「ランディール号」「タイラー」「ルツ」といった過去シリーズ登場の名称も登場するが、旧『ファンタシースター』シリーズとは別の世界(平行世界)の話の模様。今後どうなるかはまだわからないが…。また、早くもアペンドディスクらしきもの(2007/04/03後注:正式に続編だという発表があった。PS2での自由性を考えた措置なのだろう)の情報が公開されている(2007/8/19後注:リンク切れのため『イルミナス』公式にリンク換え)のも特徴。

 オンライン版はPS2の場合、周囲の数人を除いてテクスチャが表示されない状態でほかのプレイヤーが表示されるので、「泥人形オンライン」の悪名をこうむった。これはPS2のテクスチャ領域がDCよりも狭いという理由からで、『PSO』がPS2に移植されなかった理由のひとつでもある。なお、PC版では設定しだいで大幅に泥人形率が緩和されるが、ハイエンド設定でも周囲全員を読み込み終わるのには数分かかる様子。

 で、そのオンライン版だが、初日のログイン障害はどのゲームでも同じだから仕方ないとして、一瞬で見つかったメセタ(通貨)DUPE、まったくの他人のキャラクターと自分のキャラクターが入れ替わって戻らなくなってしまうという致命的なバグが発生し、2006/09/03メンテナンス以降ついにサーバ停止、9/6からは10/1まで試験期間(β)になるという、『銀河英雄伝説VII』(Win、ボーステック/Microvision/マルチターム)以来のクライアント有料βテストになるというとんでもない事態になった。なお9/6再オープン時・試験期間中・10/1正式サービス開始のどこでワイプをするのか・またされるのかという明確な提示がなく、期待を込めて揚々と乗り込んだユーザーたちを落胆・激高させている。その9/4ニュースリリースはMore以下に引用する(セガはしばしばこういった都合の悪い情報をなかったことにしてウェブ上から削除する(´・∀・`)ため)
※その後、9/14~15の大規模メンテナンスにてワールド(行き来できないサーバー)を2つに分け、人数分散を図ることによって事態の収拾を図り、9/15より正式運用を前倒しして開始すると発表(こちらも詳細はMore以下)。しかし実際には50あったユニバース(行き来可能なサーバ)を36:14に分けただけであり、ログイン不良(エラーNo.51にちなみ「イチローオンライン」と呼ばれる)は相変わらずである。ワールド2ではかなり快適にプレイできるが、「=人がいない」ことであり、今後ネットワークモードがどうなっていくのか、不安と期待が入り混じった感情をプレイヤーたちは持たされている。

 …まぁ、セガ(ソニチ)らしいといえばセガ(ソニチ)らしいが…。

 セガらしいといえば、悪役3人組にブオトコ3人を出すなど(例えばスクウェアならFFVIIで個性は強いがカッコイイタークスを出す)、よそではやらないような微妙さもセガらしい。『エターナルアルカディア』(DC/GC、セガ)のときもヒロインが2人いるにもかかわらず恋愛要素皆無だったのが食い足りなかったのを思い出す。そういえば『エターナルアルカディア』は「ファンタシースターのスタッフが作った」が当初の宣伝文句。そう、『PSO』より前はソニックチームは関係ないのだ。もっともシャーロックホームズ好きのスタッフが『PS4』→『PSO』と継続して開発にいたらしいことなど、人事異動はかなり流動的だった模様。

ファンタシースターオンライン・ブルーバースト エピソード4
ファンタシースター 千年紀の終わりに 
銀河英雄伝説VII

------------ここまで2006/9/20------------
 さて、12/5現在の状況はというと、当初の「オフライン版の半分も実装されていない」という体たらくは緩和されたが、レアアイテムの取得が直接ドロップするのではなく材料と設計図を集めて製作するという『モンスターハンター』(PS2/カプコン)方式に変更されたことによる敷居の高さ、及びレアボックスを拾うときのドキドキと拾ったときの高揚感、そしてガッカリ感の起伏が『PSO』からかなり変質しているため、『PSO』の続編としてオンラインを期待していた人間に「『PSO』の劣化版」と言われるようになった。(アクション性の低下もその一因であろう)

 また、オフライン版の続きであるエピソード2がオンラインクエストとして配信されている(おそらくは拡張ディスク『イルミナスの野望』への繋ぎと思われる。ボリュームはオフライン版1話に比して1話~2/3話程度)のだが、その一人用クエストの難易度はプレイヤーレベルによって3段階に強制的に分けられており、職の性能差もあって、「難易度を選択することによって誰でも一通りはプレイできる(但し難易度によってプラスαがあることもある)」『PSO』からこちらも敷居が高くなってしまっている。筆者もその敷居にひっかかったひとりで、実際、第2話をHARDランク最低レベルの35で迎えてしまい(35~59がこのランク)、いくらやっても勝てず途方に暮れた。別のキャラクターを作って30そこそこでクリアするのが一番早道だと思われるが、そのシナリオ自体がそれほど面白いものでもないため、結局放置してしまっている。なお、現在は第4話までプレイ可能の模様。

 ちなみに、サーバの数は当初のAサーバ36:Bサーバ14から48:48に大幅拡張されたが、接続数の低下のため、2006/12/7より38:38に縮小されることになっている。

------------ここまで2006/12/5------------

 その後細々と新キャラのレベルを上げていたのだが、あまりにつまらないのでゲンナリしていたところ、いつのまにかEP2が難易度セレクトできるようになっていることに気づいた。
 早速メインキャラで一気に現在最新の第8話までプレイ。尺はオフラインとさほど変わらないものの、基本ひたすら進むだけで相変わらずストーリーはゆっくり、なので1回やったらもういいやというのが筆者の印象。なお、ユニバース1-11で夜間コアタイムにプレイしていたのだが、途中会ったPCは2名のみだった。なお筆者はその気づいた日に課金が切れることが判明していたため必死にプレイしたのだが、ログアウトするまでは落とされない仕様だったらしくあとでどっと疲れた。あとネーヴ先生がキャストなのを今ごろ知った(´・∀・`)
 『イルミナスの野望』が正式に続編として発表され、4/20からβが行われるとのことだが、この内容で果たしてどれだけのプレイヤーを集めることができるか注目だ。

------------ここまで2007/4/3------------

 『イルミナス』のクローズβも終了し(ちなみにβテスターはなぜか、ガーディアンライセンスが切れた状態でも『イルミナスβ』ではなく『PSU』ネットワークモード本体にログインすることが出来た)さまざまな情報が明らかになっていくのだが…これ、まさか『エピソード2』(第10話で先日完結、筆者はこれを含め2話を未プレイ)にボイス足しただけじゃなかろうね…。非常に不安。『イルミナス』公式サイトに「Episode3」という文字が見えるのもさらに不安に拍車をかける。

------------ここまで2007/8/19------------

 マジでボイス足しただけだったんでホントウニビックリシマシタ(棒読み)

More
[PR]

by buisochan | 2007-10-01 07:28 | Windows