<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

ダークロウズ

DARCROWS -ダークロウズ-
メーカー:アリスソフト
 アリスソフトの出した、成年向け調教陵辱ゲーム。
 『戦巫女』に続いての音声導入(「アリス初」をコメント欄指摘により修正)と気合の入った作品だったのだが、『アトラク=ナクア』(Win、アリスソフト)から原画家として入ったおにぎりくん氏の絵柄がちょっとバランスを崩していた時期で、プレイヤーからの評判は(ゲーム自体の出来はともかく)「アゴ」「アゴがなきゃなぁ」「アゴがなぁ」…といった具合でいやーんな感じ(死語)。
 ちなみにその後バランスは戻り、最新作『超昂戦忍ハルカ』(Win、アリスソフト)では美麗なグラフィックが展開されている。
[PR]

by buisochan | 2008-04-17 09:48 | Windows  

ザワールヅハーデストゲーム

The World's...HARDEST GAME
メーカー:ARMOR GAMES
 「世界一難しいゲーム」というタイトルのこのゲーム、赤い四角をカーソルキーで操り青いボールを避け黄色いドットを回収し安全地帯に向かう…というシンプルな内容(『マーブル・マッドネス』(AC/Amiga/X68000、ATARI/電波新聞社)や『ウルトラ電流イライラ棒』に近い)のACG。
 その名前の通り、恐ろしく難しい面の繰り返しがプレイヤーを襲い、筆者はまだ一桁の面しかクリアしていないが、30面まであるらしい。YouTubeでは30面でDeath:3385という動画が上がっており泣ける。

 世界は広いようでランキングを見ると0Deathがびっしりと並んでいる。こういう人は、この癖になりそうなトランスのBGMを聴いていれば、難なくこなせてしまうのだろうか。

 ちょうどマウスで絵を描くのに通じるプレイ感覚で、マウスで自由に線を引いてしまうような人なら慣れるのも早いのだろうと、長年の友人でマウスで何でも描いちゃう人を思い出した。
[PR]

by buisochan | 2008-04-10 04:28 | FLASH  

なぞのがくいんアーウィンデール

謎の学院アーウィンデール Magic Academy
メーカー:Yahoo!ゲームズ(主力配布ポータル)/NEVOSOFT(開発)/boonty(日本語化・ポータル)
 1年前に失踪した姉を探すため魔法学校に入学した主人公が、情報を集めるために先生たちの手伝いにひたすら励むというAVGのふりしたPZG。
 要は『ミステリーケースファイル』シリーズ(Win、boonty/BigFishGames)と同様のゲームなのだが、『ミステリー』では画面内に隠されている多くの探し物からランダムで探すものを出題する(つまり「間違い探し」というより「騙し絵探し」)のに対し、こちらの『アーウィンデール』では出題された以外の探し物は描画されていないことが多い(「間違い探し」)のが特徴(ちなみに開発メーカーも違う)。また「騙し絵探し」の際はランダムではなく決まったものが出題されるので、全てのものを把握してからリトライすると数十秒でその面をクリアできるのも特徴。

 このタイプのゲームでは最も簡単な部類。あとラスボスのようなものもいないので、さっくり解けてしまい肩透かしを食う人も多いと思われる。筆者とか。

 なお、姉妹編として『謎の町ミステリーヴィル』が存在する。また、開発のNEVOSOFTは珍しくロシアの会社。


 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
[PR]

by buisochan | 2008-04-05 14:34 | Windows