<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

あいとゆうきとかしわもち

愛と勇気とかしわもち
メーカー:カタテマ

 フリーの回転連鎖系消しモノPZG。ゲージの減る速度が加速度的に上がっていくので、速度が遅いうちに連鎖の仕込みを行っておき、速くなったところで連鎖を開始してゲージを回復させる…という独特の攻略が重要になる。らしい。

 …「らしい」なのは作者がこの手のパズルは『メガパネル』(MD、ナムコ)(要は『パネルでポン』(FC/SFC、任天堂))以外苦手としているためで、10連鎖くらいなら何とかできるのだがゲージの回復がうまく出来ずにあっという間に終わってしまうからである。うまい人の動画を見ると、連鎖の種(1回回せば連鎖する塊)をひたすら見極める…というのがコツらしい。ちなみにニコニコには505連鎖の動画が挙がっている!


 なお、このゲームは実は「入院している『あいちゃん』が夢の中で行っている(正確にはそれをプレイヤーが背後霊宜しく操っている)」ゲームということになっている。ゲームオーバーになるごとに少しずつ進んでいくストーリーは得点に応じて変化していき、高得点を取れば元気になったあいちゃんに会えるらしい…が、筆者はいつもエンド4→バッド一直線(´・ω・`) (後注:じつはその先がある模様)
 夢の中で会える男の子の正体もストーリーで変わるのかな?

 ちなみにバッドエンドの後味が半ば都市伝説化したのか、「ニコニコ動画」などで広まっている「検索してはいけない言葉」のひとつに「愛と勇気とかしわもち」が挙げられている。

 ニコニコ大百科「検索してはいけない言葉」
[PR]

by buisochan | 2009-06-17 07:50 | Windows  

てんほう

天鳳
メーカー:C-EGG

 FLASHを使用したオンライン4人/3人打ち麻雀。無料期間終了後月額課金になるプレミアムモードと、無料のエコノミーモードがある。違いは音声等の有無、牌譜の再生機能などで、サーバやインターフェースは同一。さらにWin専用の有料版もあるが、サーバやインターフェースはやはり基本的に同じで、BGM・効果音のカスタム機能や各種解析機能を持たせた、プレミアムをさらに機能拡張したものとなっている。
 最近の対戦記録を残したり(プレミアム)、リプレイ(全モード)することも可能。また、テストプレイではツモ切りをするCPU相手に練習をすることも出来、その他ミニゲームとして『上海』『四川省』をプレイすることも出来る。肝心の麻雀対戦の予約機能も充実しており、軽快にプレイが可能だ。なお、現在の登録者数は約40万人とのこと。

 ただ、通常のオンライン麻雀と違って配牌に微妙に癖があり、役がつきやすい傾向があるように思われる。さらに、たまに確変…というか、いわゆる脱衣麻雀などのイカサマツミコミ配牌モードに切り替わることがあり、プレイヤー間で話題になっている。この気持ちよさがいい、という人もいれば邪道だと切り捨てる人もおり賛否両論だが、結局のところこれを許容できない人は『東風荘』なり『ハンゲーム』(こちらはWin専用)なりに移行すればいいわけで、『天鳳』の特色とみなされている模様。

【2ch転載】天鳳のありえない牌譜集【役満】‐ニコニコ動画(ββ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6504943


 ハンゲーム 麻雀3
 インターネット 雀荘「東風荘」


 
[PR]

by buisochan | 2009-06-08 22:45 | FLASH  

だっしゅつげーむシックス

6つの生き物と6つの脱出方法が待つ六角形の部屋からの脱出ゲーム シックス
メーカー:小太郎ゲーム
 定番の脱出ゲームものだが、6つ存在するアイテムは全て特にトリックなく簡単に得られ、そこには何の謎解きもない。肝心なのはこのアイテムをどのように組み合わせ使用するか…というオリジナリティのあるゲームだ。エンディングも6つ。
 組み合わせは多岐にわたり、例えば金魚入りのパンが焼けてしまったり、無意味なアイテムが出来ることも往々にある。その意味では袋小路の実に多いゲームだが、リセットをすればすぐに最初に戻ることが出来(条件は不明だが全アイテムを取得した状態まで戻ることも可能)、操作性が軽快なのでやり直しも苦痛でもない。

 なお正式名が示す通り6がキーワードのゲームだが、6つの生き物=6つのエンディングではないことに注意だ。アレの数が…。
[PR]

by buisochan | 2009-06-07 00:29 | FLASH