<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

けいじだいだげき・きたのちょうせん

刑事大打撃~北の挑戦~
メーカー:ファミリーソフト
 ファミリーソフト公式に「SONY VAIOのダウンロードサイトにて 2005年9月8日 『刑事大打撃~北の挑戦~』 発売決定!! 詳細は後日発表致します。 ※対応機種:VAIO PC」と書かれている謎のソフト。多分これのことなのだろうが、もしかしたら別のソフトなのかもしれず、どこまでネタかわからない『大打撃』のことなのでリアルタイムで公式を見てなかった筆者にはわからない謎。とりあえずVAIO関係のサイトでも見つからなかったし…。(*)

*どうやら同一ソフトの模様。

---------ここまで2006/03/21-------------

 プレイ動画視聴の機会を得た。価格相応かというと微妙だが、なかなか楽しめた(ACGなどのようにプレイヤーごとの差異が出ないAVGのプレイ動画公開という行為について思うところがないではなかったが)。

 港町のゴミ処理場で死体が発見された。残されたダイイングメッセージは「チンコ」。そしてその死体の股間にはバスケットボールが括り付けられており、手には腐敗したチンコを握っていた…という導入。

 基本的に「お下劣不謹慎パロディ満載、でも推理AVGとしての体裁は一応取れている」という点でも前作とノリは一緒だが、立ち絵が多くイベント絵は少なめ、しかし大打の偏執的なモノローグ(ボイス入り)が膨大な量となっている。全てのボイスを聴いてプレイをしようとするとプレイ時間はおそらく7時間を超える。
 また、オウム・ライフスペース・パナウェーブネタなどがそのうち1時間以上を占め、オウムなどは実名で指名手配犯なども登場する。これについてはブラックユーモアと笑って済ますか不謹慎とするか、評価が大きく分かれるところだ。筆者としてはギリギリかなぁと思っている。なお事件の黒幕もぶっちゃけサブタイトルから「の」を取った所で、これもまたなんというか今回一貫しているなぁという感じではある。そういえば前回「デイズニーランド」「ポロライド」などと一部変えてあった固有名詞も、今回は「ディズニーランド」「ピカチュウ」など命知らずにもほぼ全部実名だ。
 それから、新システムとして「ワードバトルシステム」「便意メーター」が実装されているが、前者は結局のところスロット式乱数戦闘システムであり、後者はわざとやらない限りどうしても漏らすような事態にならない(それまでにトイレに行く機会が必ずある)ため、少々消化不良である。

 なお、前作で予告された『地獄刑事の挑戦』との関連について。地獄刑事こと阿久野澄香(あくのすみか)が平然と登場し大打が澄香を毛嫌いする理由やそもそもの出会いもうやむやに扱われていることから、『地獄刑事』を未発表作品として今回4作目か? …とも思われたが、予告にあった「堂賀理沙の保谷署時代の話」が今作中で描かれているため、雑誌広告マンガなどで既にファンには知れ渡っている澄香の登場部分を端折って再構成したのかもしれない。
 ちなみに理沙の後任というある意味かなりの重責を担うことになった中森暁子(なかもりときこ)だが、かなり健闘していると思う。東大法学部出のキャリアという肩書に早くも傷が付いてしまったのは気の毒ではあるが…。

 ついでに、今作では大打はシーモンキーを飼っていない。全て死んでしまったとのことで、ベランダには無数(前作時では3624匹飼っていた)の墓がある。


 無敵刑事大打撃
 無敵刑事大打撃~史上最大の犯罪~
[PR]

by buisochan | 2009-08-06 13:49 | Windows  

シールオンラインプラス

シールオンラインプラス ← ほのぼのSeal Online ← Seal Online RELOAD ← Seal Online
メーカー:Grigon Entertiment/YNK Japan/Kespi/Excite
 筆者のプレイしているMMORPG。直感的なインターフェイス・操作性、デフォルメの効いたマップ・キャラクター、多少のKBとマウスを使用する単なるクリックで終わらないゲーム性など、筆者のプレイしてきたオンライン(M)MOの中ではもっとも使い勝手がいいもののひとつだ。初心者もすんなり入っていけるだろう。

 ただ、正式運用から約2年経過し、一時期は月額課金が2000円と高めなのもあってプレイヤー数は少なめで、特に3サーバは閑古鳥が鳴いていた。しかし、2005/12/1より基本無料・アイテム課金のシステムに代わり、プレイヤーは増加した(爆発的にとはいえないが)。
 また、秀逸なキャラクターのデフォルメ・アバターは実は『デュープリズム』(PS、スクウェア)の模倣に近く、実際グリゴンの開発する次回作『Qring』は『ぐるみん』(Win、日本ファルコム)に酷似している。また、『シール』『Qring』のマスコットキャラクターである「ローターラビ」は原田たけひと氏のマスコットキャラクターとほとんど同一(歯の形だけ違う)。――と、ビジュアル面でのオリジナリティは正直噴飯ものでもある。筆者も実際友人が多数移住しなかったらやらなかっただろう。

 しかし、ゲームとしてのバランスはすこぶるよく、これに慣れると他のMMOがただのクリックゲームに見えてくるのもまた正直なところだ。世界観やストーリーもなかなかよく、国産ゲーム(『PSO』『FFXI』など)には完成度の点で及ばないものの韓国ゲームとしては非常によい出来だ。これは前作『シール~運命の旅人』(Win、GARAM&BARAM/EA)の存在が大きい。(もっともこれ自体もFFの焼き直し的造りではある)

 残念ながらグリゴンからは開発者がかなり流出しており、当初の開発者は昨年時点で3人、現在では不明だが、ほとんど残っていない。(一部は『ローズオンライン』(Win,Gravity/Triggersoft/フェイス)の初期開発に行ったとのこと)
 また、開発の引継ぎもうまく行われなかったようで、バグ修正の遅さ・アップデートのユーザー希望との乖離・ドロップアイテムのゲームバランスの韓国と日本での希望の違いの無視など、Kespiが折衝に善戦したものの社長も退任し(実質解任だろう)、その意味では不安のあるゲームではある。
 ゲーム自体は秀逸、しかし開発・運営に大きな問題あり、といったところか。

 なお、関連ゲームとして大容量iアプリ版『シールオンラインi』(同社/WebDoJapan)と、2006/4/28発売予定で現在はオープンβ中のオンラインカードゲーム『シールオンラインTCG』(Win、同社/サミーネットワークス)がある。

------------ここまで20060317----------------

 2006年6月の大規模アップデートに際して、バグアイテムによるバグセゲル(Gold)・上位装備への装備化け・大幅な文字化け・クエストの全面進行停止などの大幅なバグが発生。
 しかしその対応策として行われた巻き戻しでは、1・3サーバでは巻き戻しが起こらず、2サーバのみ告知された1日どころか半月巻き戻るという前代未聞の不具合が発生。そしてその対応策が「巻き戻し以前の状態に巻き戻す」(=装備化け・バグセゲルに対する対応の放棄)というとんでもない事態に陥った。
 加えてそれ以外のバグは完全放置、告知も一切なし、ついでに公式4コマ漫画の作者への連絡途絶なども発覚した。また大量実装されたアイテムもドロップ率はごく低く、これまでのドロップ率への不満もあってユーザーの怒りが爆発。

 いつ自分のプレイが無効化されるかもわからず、バグで大金を得たプレイヤーが黙認される…という状態となり(一時期の『ラグナロクオンライン』(Win、Gravity/ガンホー・エンターティメント)でも同様のことが起きたが、アクティブユーザー数が比較にならないためなんとか収まった)、プレイ自体が無意味であると感じたユーザー――廃人と称されるプレイヤーのほとんどを含む――の大量離脱が起こり、古株のプレイヤーにとって事実上このゲームは崩壊した。

-----------ここまで20060701---------------

 今はプレイしていないこのゲームだが、その後アップデートも定期的に行われ、およそ順調と言ってよい運営になっているようだ。また、いつのまにか『シールオンラインRELOAD』から『ほのぼのシールオンライン』に再度名称変更をした模様。『トリックスター』→『トリックスター+』→『トリックスター0(ラブ)』もしくは『トリックスターLove』(Win、ジークレスト/Ntreev Soft)といい、最近のこのへんのゲームはサブタイトルの変更が流行っているらしい。

-----------ここまで20071202---------------
 
 いつのまにか『ほのぼのシールオンライン』から『シールオンラインプラス』にまた名称変更を行った模様。
[PR]

by buisochan | 2009-08-06 12:40 | Windows