<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

じんせいオワタのだいぼうけん

人生オワタ\(^o^)/の大冒険 The Big Adventure of Owata's Life ← 人生オワタ\(^o^)/の大冒険 The Life Ending Adventure
メーカー:王の巣窟
 キング ◆KING75wl/Q氏が制作進行中の、人生オワタ(\(^o^)/)を駆使して進む画面切替型のACG。キャラから背景から全てAA(アスキーアート)で描かれている。
 凶悪な難易度を誇り、筆者は2~3画面しか進めない。初期の『ロックマン』(FC、カプコン)よりも難しいと思うのだが、2ch上ではどんどん攻略されているので驚嘆する。なお、まだ完成版ではなくゲームとして完結していないが、作者のサイトでは今後実装していくであろうさまざまな仕掛けのテストが行われている。

 なお、これもFLASHなのでMacでも動くと思われる。

-------------ここまで2007/10/15---------------

 2009/9/20、完成版としてVer1.0が約2年ぶりに公開された。その後も細かく修正され、現在のバージョンはVer1.05。いつのまにか微妙にタイトルも変わっている。
 しかし先に進めないので、完成してるのかどうなのかさっぱりだ。

-------------ここまで2009/9/26---------------

 ニコニコで動画を調べてみた。オールクリアのがあった。


 作者もプレイヤーもすっげええええええええ!!!
[PR]

by buisochan | 2009-10-25 05:44 | FLASH  

アットゲームズ

@games
メーカー:GCREST
 ジークレストが運営するゲームポータルサイト。『クイズ・セルフィマスター』『大富豪』等に代表されるFLASHゲームと、『麻雀』などに代表されるWin用ダウンロードゲーム、さらには提携しているMMOゲームなどがプレイできる。
 アバターシステムが非常に凝っているのが特色で、2Dポリゴンによりさまざまな動きをすることが出来るアバターを幅広く作成することが出来、またそのアバターを「セルフィタウン」内にて自由に動かすことが出来る。またタウン内には各種FLASHゲームの施設があり、そこに入ることでゲームをプレイすることも可能(普通にブラウザからゲームにログインすることも出来る)。
 なおジークレストは同様のアバターチャットサービスを『mixiアプリ』(FLASH、mixi)にて『セルフィちゃんねる』としてサービスしているが、相互接続はしていない。

 『ときめきメモリアルONLINE』(Win、コナミ)運営中に開設のアナウンスがされ、『メモオン』があまりに拡張されないことに飽き飽きしていたプレイヤーの興味を引き、「この(@games)中には僕らが求めている全てのものがある!」と先走って運営に投書してしまうハヤトチリさんまで出現した。
 蓋を開けてみると当時はかなり未完成で、メモオンプレイヤーはまた元に戻った。もっとも、現在の『@games』ならかなり移住されていたかもしれない。
[PR]

by buisochan | 2009-10-24 03:24 | Win/Mac  

ウルフェンシュタインスリーディー

Wolfenstein3D 
メーカー:idソフトウェア/アクティビジョン・ジャパン(Win廉価版発売)
 『DooM』『Quake』(共に同社)の元になった作品。Win用廉価版も以前出た(『QuakeIII』と『HexenIII』のデモ版が付録)。
 ところでこのゲーム、なんだかセガマークIIIの予定ラインナップにあったような気が…。

-------------ここまで2005/06/30------------

 2009/10現在、最新作「Wolfenstein」(Win/PS3/Xbox360、Activision)が発売されている。ストーリーは第1作と同様、第二次大戦中にオカルト兵器を開発したドイツに主人公B.J.Blazkowiczが潜入し、自らもオカルトパワーを駆使して兵器の破壊を目指す…という内容とのこと。
[PR]

by buisochan | 2009-10-16 11:43 | PC-AT  

リンネ

RINNE
メーカー:日本ファルコム/ソフトバンクBB
 現時点でのファルコム最新作であるこのゲームだが、じつはボーステックから発売されていた『RELICS -The recur of "ORIGIN"-』のシリーズである。4gamerで公開されているムービーにはMARX・Heaven・Alien・Hell各陣営や、『RELICS -The recur of "ORIGIN"-』の主人公及びヒロインの姿も見られる。してみると解散したボーステック開発は事前にファルコムに吸収されていたか、解散前にソフトが完成していたのに放置されていたか、そのどちらかだと思われる。(後述)

 なお、ストーリーは『2』からはるか未来、Hellも滅亡しMARXしか残っていない世界で、過去のDNAなどから世界を再現した仮想世界の探索を行う、というもの。(小説でいうと鈴木光司氏の「ループ」に似ている)

 また、この作品自体は2002年にはすでに完成していたらしく、『2』本編内で予告されたままなんらかの理由で発売されなかった3を微調整し、ファルコムとソフトバンクBBが再度世に出した形のようだ。(…と思っていたら、RINNE.EXEをエディタで見ると「Relics4」の記述があるのだ(2ちゃん情報をさらに確認)。つまり4作目ということだろうか?)
 本編中では今回追加されたと思われるドーラ・ドロンシナリオのほかにもファルコムキャラが登場し、また「falcom/bothtec」記載も見られることから、もともとタイアップ企画として開発されていた可能性もある。

 しかし前作で「スピリットライド」と呼称されていたこの作品のキモである憑依は、「ボディスナッチ」という呼称に改められている。タイトルにも『RELICS』を含んでおらず、4gamerにおいて『RELICS』との関連について全く触れられていないこともあり、ボーステックの『RELICS』からはなんらかの理由で距離をおきたいのかもしれない。


 また、前作まで「HEAVENの建造物」「レリクスポイントの建造物」「地下施設」とそれぞれタッチは統一されていたのだが、今作ではごっちゃになってしまった。また、メインとなるキャラクターの大きさが大きくなり、地形はまったく変わらないため、地形が妙にちゃちにみえるようにもなってしまった。その為、世界観を満喫するためにプレイする最初の作品としては少々心もとない部分も存在するが…。音楽もJDKだし。

 ところで。このゲーム、ファルコムのサイトには全く載っていない。名曲「LA VALSE POUR XANADU」が流れ、キングドラゴンが登場し、ドーラとアレス(『ブランディッシュ』)が登場するにもかかわらず、だ。『月影のデスティニー』(Win、ソフトマックス/日本ファルコム)ですら載っているというのに…。このまま黒歴史として忘れ去られていくのだろうか。

-----------ここまで2005/11/10--------------

 2009/10/7に2ちゃんねるRINNEスレッド(http://schiphol.2ch.net/test/read.cgi/game/1114684623/)に降臨した2ndBirth制作スタッフ氏の言によると、3作目は3Dで、MARXやHELL、HEAVENなどの勢力は受け継ぐものの背景設定(レリクスポイント、空中庭園など)は全く違ったものになる予定だったとのこと。そして予想された通り4作目だったRINNEには関与されてない、とのことだ。

RELICS
RELICS -The recur of "ORIGIN"-
RELICS -The 2nd Birth-
[PR]

by buisochan | 2009-10-07 21:56 | Windows