<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

ミステリーじけんぼ・ぞくレーブンハースト

ミステリー事件簿:続・レーブンハースト Mystery Case Files: Return to Ravenhearst
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/BIG FISH GAMES STUDiOS(開発)
 『ミステリー事件簿:レーブンハースト』の続編。エマの魂を開放した名探偵だが、同時に殺人者チャールズ・ダリマーの魂も開放してしまったことが判明し、その復讐の炎は周囲に被害をもたらした。そこで英国女王の命により、再び名探偵はレーブンハースト邸を訪れたのだった…。

 前作からゲーム性が一変し、要所要所にアイテム探しPZGを配しているものの全体としてはむしろ『MYST』(Win/Mac/SS/PS、CYAN/サンソフト)に近い謎解きAVGとなった。実写映像や動画もふんだんに使用され、スケールを大幅にアップさせている。
 広大なレーブンハースト邸を行き来しないと解けないパズル性に加え、前作まで「騙し絵探し」(探すべきアイテムが最初から描画されている)だったアイテム探しに一部「間違い探し」が導入され(重要アイテムのみ描画が一度限りのときがある)、更に使えるヒントも1つだけ(時間及びアイテム発見で回復する)になり、難易度も大幅に上昇した。

 また、『MYST』は異世界旅行をテーマにしているのに対し、こちらはサイコホラーを題材にしており、おどろおどろしいグラフィックと相まってかなり怖いゲームに仕上がっている。シナリオも結構凝っており、プレイ後の満足感は格別だ。同じ『MYST』タイプとはいっても前出の『Drawn』とはまったくベクトルの違うゲームだが、こちらも大変お勧めできる。

 しかし、BIG FISH GAMES STUDiOSという会社、このレベルのゲームを998円でリリースし続けるというのはなかなかに恐ろしいものがある。

 ミステリー事件簿:レーブンハースト
 ミステリー事件簿:マダム・フェイト
 ミステリー事件簿:ダイアグローブの伝説
 ミステリー事件簿:13番目の骸骨
 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
 MYST
 Drawn:呪われた塔と魔法の絵の具

 ところで、作中のお菓子の家に出てくる不気味な人形たちは、おそらくはメキシコシティーの西にある「The Island of the Dolls」の人形などの実在するものを参考にしていると思われる。不気味なことこの上ないので、耐性のある人は見てみるのもいいかもしれない。
 
 ゾクっとする不気味な人形たちが住むメキシコの島「The Island of the Dolls(人形島)」:カラパイア
 人形恐怖症を誘発しそうな恐ろしい世界の人形15種:カラパイア
[PR]

by buisochan | 2010-04-25 22:02 | Windows  

ミステリーじけんぼ・レーブンハースト

ミステリー事件簿:レーブンハースト Mystery Case Files: Ravenhearst
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/BIG FISH GAMES STUDiOS(開発)
 『ミステリーケースファイル・ハンツビル』(Win)の続編。BigFishGamesの日本進出に際して「ミステリーケースファイル」から「ミステリー事件簿」と表記が変わった。(『ハンツビル』もあわせて表記が変更されたが、こちらではそのままにしておく)
 前作同様推理AVGのふりしたアイテム探しPZG。英国女王からレーブンハースト邸に住んでいたエマ・レーブンハーストの日記の回収を依頼された名探偵がエマに起こった事件を探っていく。

 章ごとにジグゾーパズルが入り、それを解くと日記が進んでいく…と、展開はほぼ『ハンツビル』と同じ。
 ただ、1章ごとに一部屋だけエマの友人チャールズがドアに施した奇妙な仕掛けを解かないと入れないというギミックがあり、この仕掛けは通常のパズルではなく俗に言う「ピタゴラ装置」で、装置の「風が吹けば桶屋が儲かる」的な規則性を読み解くという『インクレディブルマシーン』(PC98/PC-AT、Sierra Entertainment/サイベル)に類似したものになっている。これが大変面白いので、ついつい先に進めてしまう中毒性のあるゲームだ。ボリュームも結構あるので(アイテム探し自体は単調になるのは否めないが)、タイムトライアルなども含めて長く楽しめるゲームに仕上がっている。

 なお、ゲーム性が大きく変化した続編『ミステリー事件簿:続レーブンハースト』(Win)がリリースされている。

 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
 ミステリー事件簿:続・レーブンハースト
 ミステリー事件簿:マダム・フェイト
 ミステリー事件簿:ダイアグローブの伝説
 ミステリー事件簿:13番目の骸骨
[PR]

by buisochan | 2010-04-25 21:36 | Windows  

ドローン・のろわれたとうとまほうのえのぐ

Drawn: 呪われた塔と魔法の絵の具 Drawn: The Painted Tower
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/BIG FISH GAMES STUDiOS(開発)
 物憂げな塔のてっぺんに幽閉された、特殊な能力を持つ少女アイリスを救出すべく塔に乗り込むという物語。
 一応アイテム探しゲームという分類をされているものの、実際は重厚なAVG。あの『MYST』(Win/Mac/SS/PS、CYAN/サンソフト)のもたらした衝撃を再びプレイヤーにもたらすかもしれない、非常に独自の世界を持つ。
 『MYST』がまるで異世界に飛び込んでいくかのようなプレイ感を持っていたのに対し、このゲームはまるで絵本の世界に飛び込んでいくかのようなプレイ感だ。それも、ただのおとぎ話ではなく、大人の鑑賞にも堪えるファンタジーの世界に。
 また、音楽やグラフィックスも素晴らしい。

 カジュアルゲームだと思ってかかると期待以上の歯ごたえに唸らされるだろう。物語世界にどっぷりつかってプレイできるので、おそらく退屈することはない。続編の制作を予感させるエンディングも含めて、絶対にお勧めできるAVGだ。

 MYST
[PR]

by buisochan | 2010-04-23 18:21 | Windows  

ナタリーブルックス3・ヒルクレストハイスクールのなぞ

ナタリーブルックス3:ヒルクレストハイスクールの謎 Natalie Brooks: Mystery at Hillcrest High
メーカー:Boonty Games(主力販売ポータル)/Alawar Entertainment(発売)/Friday's Games(開発)
 ナタリーブルックスシリーズ第3作。友人を誘拐されたナタリーブルックスと、犯罪組織黒猫団との闘いを描く。
 今回は前作と違って、アイテム探し要素多目ではあるがAVGメインと呼べるプレイ感覚になった。またポリゴン画質が大幅に向上し(絵には若干癖が付いたが)、ストーリーも先が読めず飽きさせない。ボリュームも、感覚的に前2作の倍近くになっている。それでもそれほど長いとはいえないけれども。
 面白いことは保証する一作。ちなみに今回スタッフロールの似顔絵はなし。

 なお今回はまだBigFishGamesでの販売が始まっていないので、Boontyでは2000円強、Yahoo!ゲームズではヤフープレミアム会員に限り1割引となっている。BigFishGamesで998円で売られれば文句なくお勧めなのだけれど…。『ミステリーケースファイル(MCF)シリーズ』(ミステリー事件簿シリーズ)ぐらいのボリュームがあれば2000円出してもいいとは思うのだが(もっとも『プライムサスペクツ』以外のMCFシリーズはBigFishGamesで998円なのでこちらで買うのが断然お得)。

 ナタリーブルックス:トレジャーハウスの秘密
 ナタリーブルックス2:亡国の財宝
[PR]

by buisochan | 2010-04-22 22:04 | Windows  

ナタリーブルックス2・ぼうこくのざいほう

ナタリーブルックス2:亡国の財宝 Natalie Brooks: The Treasures of the Lost Kingdom
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/Alawar Entertainment(発売)/Friday's Games(開発)
 ナタリーブルックスシリーズ第2作。前作で金持ちになったナタリーの祖父が誘拐され、マヤの財宝の謎を巡って、ナタリーが世界を駆け巡る。

 今回は比較的スタンダードなアイテム探しPZGメインのAVG。内容は難易度がとても低くてアクションしない『トゥームレイダー』シリーズ(Win/Mac/PS/SS//DC/PS2/Xbox360/PS3、Eidos/Core Design)と思ってほぼ間違いない。

 1~2時間で解けてしまうので、下手をすると無料体験時間中にクリアできてしまうかもしれない。1000円弱で買えるBigFishGames以外で買うとちょっとコストパフォーマンスが悪いかな。もっともBigFishGames版はもしかしたら一部で文字化けするかもしれないので注意(筆者の環境では金庫のあたりでなった)。

 ナタリーブルックス:トレジャーハウスの秘密
 ナタリーブルックス3:ヒルクレストハイスクールの謎

 ところでこのシリーズのスタッフロールは製作者を描いたイラストが挿入されるのだが、その中に明らかに「DEATH NOTE」のLがいる。あちら(スタッフ名からするとロシアかポーランドっぽい)にもデスノートファンは多い模様。
[PR]

by buisochan | 2010-04-22 12:39 | Windows  

ピーシージーライトサイクル

PCGライトサイクル
メーカー:SSK soft
 HAL研究所のPCGを装着した機種用の、3D化したライトサイクルゲーム(バリケードゲーム)。カラー対応。MZ1500で動いたかは不明。

 筆者は未プレイなのだが、PCGで描かれたワイヤーフレームのフィールドとライトサイクルは雰囲気満点。しかし、3D化して果たしてゲームになっていたのかという疑問は残る。『3Dボンバーマン』(X1、ハドソン)や『スペースウォーズ・ベジックス』(X1、ハドソン)なんかひどいもんだったし…。
 もっとも確かレーダーが表示されていたようにも思うので、これらのゲームより出来は良かったと思われる。さすがに当時のハドソンと比較するのはかわいそうだね。
[PR]

by buisochan | 2010-04-20 22:20 | MZ-80K/1200/700/1500  

ナタリーブルックス・トレジャーハウスのひみつ

ナタリーブルックス:トレジャーハウスの秘密 Natalie Brools: Secrets of tresure house
メーカー:Big Fish Games(主力販売ポータル)/Alawar Entertainment(発売)/Friday's Games(開発)
 ナタリーブルックスシリーズの第1作。現在第3作の『ナタリーブルックス3:ヒルクレストハイスクールの謎』までリリースされている。
 通常パートは普通のAVGだが、ヒントを増やしたい時のみ『ミステリーケースファイル・ハンツビル』系のアイテム探しPZGになるという変り種のゲーム。アイテム探しゲームは単調になりがちだが、このゲームは各章の間がコミック形式のビジュアルで繋がっており、とてもプレイしやすい良質のゲームに仕上がっている。

 ナタリーブルックス2:亡国の財宝
 ナタリーブルックス3:ヒルクレストハイスクールの謎

 ミステリーケースファイル・ハンツビル
 ミステリーケースファイル・プライムサスペクツ
 謎の学院アーウィンデール
[PR]

by buisochan | 2010-04-20 22:09 | Windows  

ダムダムアンドジアイアンゴーレム

DUM DUM AND THE IRON GOLEM (Retardo and the Iron Golem)
メーカー:Pencilkids/HEAVYGAMES
 ボージャザニンジャ系のクリック型AVG(一部アクション要素あり)。勇者ダムダムはモロニア王に姫を貰い受ける見返りに、鉄巨人を破壊する旅に出る。

 決して死なないボージャザニンジャとは異なり、すぐに死ぬのが特徴。また、敵を倒すと必ず残酷描写がなされるため、プレイ時に一応警告が出ている。ちょっと悪趣味である。
 またギミック自体は単純なので、ボージャザニンジャシリーズのほうがゲーム的にも面白いと思う。

 ボージャザニンジャ2・インビッグマンズコンパウンド
[PR]

by buisochan | 2010-04-16 13:14 | FLASH  

ほうじゅ

宝珠 
メーカー:不明
 X1で発売されたスタートレックタイプのSLG。基本的には原典と同じシステムだが、ゲームの目的は「全宇宙から宝珠を5つ見つける」ことになっている。また、乗組員の名前を自由に変更できたり(プリセットは「ごんべえ○(数字)」)、ひらがな表示だったり、音楽が凝っていたり(エンディングテーマは「見えるだろうバイストンウェル」(笑))、非常にユーザーフレンドリーな作品だった。乗組員が病気で死んだときの喪失感はかなり大きい。
 ところで、自機「チャイカ」のグラフィックは、USSエンタープライズをひっくり返した格好だった。

-------------ここまで2005/06/26--------------

 ふたばでのSSアップより開発元が「SSK soft」と判明。胸のつかえが取れた。記録として当ブログ初の画像アップロードをしておく。
e0008478_23454338.gif

[PR]

by buisochan | 2010-04-15 23:41 | X1/X1turbo  

さよならをおしえて

さよならを教えて ~comment te dire adieu~
メーカー:CRAFTWORK
 『はっちゃけあやよさん』シリーズ(88/98等、ハード社)の長岡建蔵氏率いるCRAFTWORKの最終作品。2001年3月発売。

 教育実習生として学園にやってきたダメ男と学園の女性との係わりを、夕暮れに染まるセピア色の世界で描くノベルAVG。18禁。
 かわいらしいキャラクターデザインとハード社以来のデザインセンスが目を引くが、プレイした人が口を揃えるのは「最凶最悪の鬱ゲー」だということ。そしてそれと同時に、「人に薦めたくなる佳作」だということ。これらは相反することのように見えるが、そうではないらしいのだ。
 ゲーム中には残虐シーンも多いのだが(どちらかとシュールに見えるらしい)そのせいではなく、出てくる女性のせりふが全て、プレイヤーの精神に突き刺さるのだという。それも罵倒や軽蔑などではなく、萎えという形で。
 正直どんなものか想像もつかないのだが、鬱ゲーの金字塔たる作品なのは確かなようだ。実は先日筆者も入手したのだが、公式サイトにあったデモ版(現在では「てんしさま!」で公開されている)とネット上での論評を見ていると取り返しのつかないダメージを負いそうで、腰が引けている。プレイしたいという意欲も大変強いのだが…。それでなくては、5年も前のタイトルをわざわざ入手したりはしない。


 なおタイトルを、フランソワーズ・アルディの名曲、「さよならを教えて(Comment te dire adieu)」から採っている。そしてこの曲は戸川純もカバーしているのだが(正確にはタイトルを「さよならをおしえて」に変更している)、原曲の訳詞と戸川版の歌詞は内容が全然違っている。原曲は「自分にすっかり冷めてしまった恋人に別れを切り出したいが言い出せない」女性のアンニュイを内容とするのに対し、戸川版では「別れてやる、でも決して離さない」というストーカーチックな、彼女独特の狂気性があるのだ。
 このゲームの場合はサブタイトルが「Comment te dire adieu」であることから原曲よりの引用だと思えるが、内容の狂気性を考えると戸川純の影響も強い気がする。もともとCRAFTWORKのレーベル名自体テクノユニットの「Kraftwerk」(クラフトワーク、ドイツ読みだとクラフトヴェルク)と懸けているので、きっとそういうダブルミーニングが好きなんだと思う。


 てんしさま!(原画集の通販もされている様子(後注:2010年現在ブログは移転され原画集の通販も終了してしまった様子。勝手リンクはそのまま残しておきます))
 さよならを教えてファンサイト「さよなら教」

-----------ここまで2006/06/05----------------

 2010/03、CRAFTWORK事務所の移転に伴い(失礼だけどまだあったのだ(;´∀`))、『さよならを教えて』未開封新品3本・設定原画集10冊・販促ポスターなどがまんだらけ中野店にて販売された。ソフト本体は8万、原画集は2万だったそうだ…。中古だけど本体を7000円、原画集は定価で買った(今変換で「勝った」になった)筆者は唖然。検索してみると本体は中古でも6万程度、原画集は2万以上が相場らしい。えらくプレミアがついたものだなぁ、特に話題になったわけでもないのに…。知る人ぞ知る、というやつか。嗚呼。
[PR]

by buisochan | 2010-04-12 08:36 | Windows