<   2010年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

ファンタシースターオンライン・ブルーバースト エピソード4

PHANTASY STAR ONLINE Blue Burst Episode IV
メーカー:セガ
 2004/7/8に正式運用が開始された『ファンタシースターオンライン・ブルーバースト』(以下『PSOBB』)の拡張ディスク。

 とはいうものの、もともと『PSOBB』開発中にはこれをメインとした宣伝がなされていたので、ユーザーは当然無料アップデートの範囲内だと思っていた。しかし蓋を開ければ2005/2/3に発売された「拡張ディスク」であって、料金も3800円と高め。またエネミーはポリゴン使いまわし(β時に動きまで使いまわしだったのは直った)、レアドロップ率の異常な低さとその種類の少なさ(パッケージに書かれている「新アイテム150種」はいまだ遠く達成されていない)、だだっ広くて使いまわしだらけのマップ、シナリオのしょぼさ、立ち絵しかないイベントシーン、性格の変わってしまったキリーク…等々、褒めるところが見つからないという有様(ちょうど『ソーサリアン追加シナリオ・宇宙からの訪問者』のような印象だ)。また、発表時から何かあるたびに公式サイト上にあった都合の悪い情報があたかも何もなかったかのように削除されているのも、今どきやるかね、という感じ。
 当然ユーザーからは猛烈な反発とPSO離れが巻き起こり、セガは2005/12/12に『エピソード4』のダウンロードを無料化した。しかしその後もクエスト配信の停止・GMイベントだけの運営とやる気のなさは明白で、全機種合わせたプレイヤー数も約2000人まで減少した。(ちなみにGC版がEp3の関係か現在でも700人前後と健闘している)

 結局のところ、『ファンタシースターユニバース』開発のための大掛かりなリサーチでしかなかった、と断言してもおかしくないところだ。

PHANTASY STAR ONLINE

PHANTASY STAR HISTORY(手前味噌)

-----------ここまで2006/03/26-------------

 コンシューマー機版が続々と運営終了していく中で孤軍奮闘していたPSOBBであったが、2010/10/26、「2010/12/27 16:00をもって運営を終了する」というアナウンスがなされた。これで、『ファンタシースターオンライン』のオンライン版は(非公式のエミュレータサーバを除いて)全て運営終了することになる。2011年に『PSO2』が控えているとはいえ、10周年の節目に運営を終了するというのもまた一時代の終わりを感じさせられる出来事だ。
 しかし、DC版のときと同様、モモカの正体などの伏線はまた投げられたままになってしまった。アナウンス時から引っ張ってきたキャラクターの正体がついにわからないまま運営が終わるというのも前例のないことで、『PSO2』に期待と不安の両方がかかるところだ。
[PR]

by buisochan | 2010-10-26 23:54 | Windows