けいじだいだげき・きたのちょうせん

刑事大打撃~北の挑戦~
メーカー:ファミリーソフト
 ファミリーソフト公式に「SONY VAIOのダウンロードサイトにて 2005年9月8日 『刑事大打撃~北の挑戦~』 発売決定!! 詳細は後日発表致します。 ※対応機種:VAIO PC」と書かれている謎のソフト。多分これのことなのだろうが、もしかしたら別のソフトなのかもしれず、どこまでネタかわからない『大打撃』のことなのでリアルタイムで公式を見てなかった筆者にはわからない謎。とりあえずVAIO関係のサイトでも見つからなかったし…。(*)

*どうやら同一ソフトの模様。

---------ここまで2006/03/21-------------

 プレイ動画視聴の機会を得た。価格相応かというと微妙だが、なかなか楽しめた(ACGなどのようにプレイヤーごとの差異が出ないAVGのプレイ動画公開という行為について思うところがないではなかったが)。

 港町のゴミ処理場で死体が発見された。残されたダイイングメッセージは「チンコ」。そしてその死体の股間にはバスケットボールが括り付けられており、手には腐敗したチンコを握っていた…という導入。

 基本的に「お下劣不謹慎パロディ満載、でも推理AVGとしての体裁は一応取れている」という点でも前作とノリは一緒だが、立ち絵が多くイベント絵は少なめ、しかし大打の偏執的なモノローグ(ボイス入り)が膨大な量となっている。全てのボイスを聴いてプレイをしようとするとプレイ時間はおそらく7時間を超える。
 また、オウム・ライフスペース・パナウェーブネタなどがそのうち1時間以上を占め、オウムなどは実名で指名手配犯なども登場する。これについてはブラックユーモアと笑って済ますか不謹慎とするか、評価が大きく分かれるところだ。筆者としてはギリギリかなぁと思っている。なお事件の黒幕もぶっちゃけサブタイトルから「の」を取った所で、これもまたなんというか今回一貫しているなぁという感じではある。そういえば前回「デイズニーランド」「ポロライド」などと一部変えてあった固有名詞も、今回は「ディズニーランド」「ピカチュウ」など命知らずにもほぼ全部実名だ。
 それから、新システムとして「ワードバトルシステム」「便意メーター」が実装されているが、前者は結局のところスロット式乱数戦闘システムであり、後者はわざとやらない限りどうしても漏らすような事態にならない(それまでにトイレに行く機会が必ずある)ため、少々消化不良である。

 なお、前作で予告された『地獄刑事の挑戦』との関連について。地獄刑事こと阿久野澄香(あくのすみか)が平然と登場し大打が澄香を毛嫌いする理由やそもそもの出会いもうやむやに扱われていることから、『地獄刑事』を未発表作品として今回4作目か? …とも思われたが、予告にあった「堂賀理沙の保谷署時代の話」が今作中で描かれているため、雑誌広告マンガなどで既にファンには知れ渡っている澄香の登場部分を端折って再構成したのかもしれない。
 ちなみに理沙の後任というある意味かなりの重責を担うことになった中森暁子(なかもりときこ)だが、かなり健闘していると思う。東大法学部出のキャリアという肩書に早くも傷が付いてしまったのは気の毒ではあるが…。

 ついでに、今作では大打はシーモンキーを飼っていない。全て死んでしまったとのことで、ベランダには無数(前作時では3624匹飼っていた)の墓がある。


 無敵刑事大打撃
 無敵刑事大打撃~史上最大の犯罪~
[PR]

# by buisochan | 2009-08-06 13:49 | Windows  

シールオンラインプラス

シールオンラインプラス ← ほのぼのSeal Online ← Seal Online RELOAD ← Seal Online
メーカー:Grigon Entertiment/YNK Japan/Kespi/Excite
 筆者のプレイしているMMORPG。直感的なインターフェイス・操作性、デフォルメの効いたマップ・キャラクター、多少のKBとマウスを使用する単なるクリックで終わらないゲーム性など、筆者のプレイしてきたオンライン(M)MOの中ではもっとも使い勝手がいいもののひとつだ。初心者もすんなり入っていけるだろう。

 ただ、正式運用から約2年経過し、一時期は月額課金が2000円と高めなのもあってプレイヤー数は少なめで、特に3サーバは閑古鳥が鳴いていた。しかし、2005/12/1より基本無料・アイテム課金のシステムに代わり、プレイヤーは増加した(爆発的にとはいえないが)。
 また、秀逸なキャラクターのデフォルメ・アバターは実は『デュープリズム』(PS、スクウェア)の模倣に近く、実際グリゴンの開発する次回作『Qring』は『ぐるみん』(Win、日本ファルコム)に酷似している。また、『シール』『Qring』のマスコットキャラクターである「ローターラビ」は原田たけひと氏のマスコットキャラクターとほとんど同一(歯の形だけ違う)。――と、ビジュアル面でのオリジナリティは正直噴飯ものでもある。筆者も実際友人が多数移住しなかったらやらなかっただろう。

 しかし、ゲームとしてのバランスはすこぶるよく、これに慣れると他のMMOがただのクリックゲームに見えてくるのもまた正直なところだ。世界観やストーリーもなかなかよく、国産ゲーム(『PSO』『FFXI』など)には完成度の点で及ばないものの韓国ゲームとしては非常によい出来だ。これは前作『シール~運命の旅人』(Win、GARAM&BARAM/EA)の存在が大きい。(もっともこれ自体もFFの焼き直し的造りではある)

 残念ながらグリゴンからは開発者がかなり流出しており、当初の開発者は昨年時点で3人、現在では不明だが、ほとんど残っていない。(一部は『ローズオンライン』(Win,Gravity/Triggersoft/フェイス)の初期開発に行ったとのこと)
 また、開発の引継ぎもうまく行われなかったようで、バグ修正の遅さ・アップデートのユーザー希望との乖離・ドロップアイテムのゲームバランスの韓国と日本での希望の違いの無視など、Kespiが折衝に善戦したものの社長も退任し(実質解任だろう)、その意味では不安のあるゲームではある。
 ゲーム自体は秀逸、しかし開発・運営に大きな問題あり、といったところか。

 なお、関連ゲームとして大容量iアプリ版『シールオンラインi』(同社/WebDoJapan)と、2006/4/28発売予定で現在はオープンβ中のオンラインカードゲーム『シールオンラインTCG』(Win、同社/サミーネットワークス)がある。

------------ここまで20060317----------------

 2006年6月の大規模アップデートに際して、バグアイテムによるバグセゲル(Gold)・上位装備への装備化け・大幅な文字化け・クエストの全面進行停止などの大幅なバグが発生。
 しかしその対応策として行われた巻き戻しでは、1・3サーバでは巻き戻しが起こらず、2サーバのみ告知された1日どころか半月巻き戻るという前代未聞の不具合が発生。そしてその対応策が「巻き戻し以前の状態に巻き戻す」(=装備化け・バグセゲルに対する対応の放棄)というとんでもない事態に陥った。
 加えてそれ以外のバグは完全放置、告知も一切なし、ついでに公式4コマ漫画の作者への連絡途絶なども発覚した。また大量実装されたアイテムもドロップ率はごく低く、これまでのドロップ率への不満もあってユーザーの怒りが爆発。

 いつ自分のプレイが無効化されるかもわからず、バグで大金を得たプレイヤーが黙認される…という状態となり(一時期の『ラグナロクオンライン』(Win、Gravity/ガンホー・エンターティメント)でも同様のことが起きたが、アクティブユーザー数が比較にならないためなんとか収まった)、プレイ自体が無意味であると感じたユーザー――廃人と称されるプレイヤーのほとんどを含む――の大量離脱が起こり、古株のプレイヤーにとって事実上このゲームは崩壊した。

-----------ここまで20060701---------------

 今はプレイしていないこのゲームだが、その後アップデートも定期的に行われ、およそ順調と言ってよい運営になっているようだ。また、いつのまにか『シールオンラインRELOAD』から『ほのぼのシールオンライン』に再度名称変更をした模様。『トリックスター』→『トリックスター+』→『トリックスター0(ラブ)』もしくは『トリックスターLove』(Win、ジークレスト/Ntreev Soft)といい、最近のこのへんのゲームはサブタイトルの変更が流行っているらしい。

-----------ここまで20071202---------------
 
 いつのまにか『ほのぼのシールオンライン』から『シールオンラインプラス』にまた名称変更を行った模様。
[PR]

# by buisochan | 2009-08-06 12:40 | Windows  

ヴァンガードプリンセス

ヴァンガードプリンセス 先陣の姫君
メーカー:生存確認
 6/30に公開された対戦格闘ACG。『2D格闘ツクール2nd.』(エンターブレイン/OUTBACK、Win)で製作されている。

 元ゲーム開発者というスゲノトモアキ氏が音楽以外ほぼ一人で、およそ3年半、今年に入ってからは土日祝なしで1日16時間作業で仕上げた…という途方もない力作。
 ゲームのほうも無名ながら途方もない出来で、作者がYouTubeにアップした動画(1,2,3,4)などから口コミで大きな話題となっていった。肝心のゲーム本編も、美しい(ある意味官能的な)ドット絵、滑らかなキャラクターアニメーション、2on2(というかひとりがサポートキャラ)の練られたゲーム性、爽快なプレイ感…と、業務用が大ヒットした『MELTY BLOOD』シリーズ(TYPE-MOON/渡辺製作所/フランスパン/エコール・ソフトウェア、Win/AC/PS2)、『Fate/unlimited codes』(Type-Moon/エイティング/カプコン/キャビア、AC/PS2/PSP)、『アルカナハート』シリーズ(悠紀エンタープライズ/エクサム、AC/PS2)等の一線級2D対戦格闘ACGにも負けじと劣らぬ出来が巨大な旋風を巻き起こしつつある。

 才能にしろ努力にしろひとりでもここまで出来るのか、また2001年に発売されたツール(但しパッチは当てられてきている)でもこのクオリティを出せるのか、と多くの衝撃を各方面に与え、発表後数日にして各種ニュースサイトなどでもその「スゴさ」が報じられている。

 「ツクール」だけでここまでできる!! インディーズゲーム界を震撼させた「ヴァンガードプリンセス」って? -ITmedia
[PR]

# by buisochan | 2009-07-10 01:14 | Windows  

あいとゆうきとかしわもち

愛と勇気とかしわもち
メーカー:カタテマ

 フリーの回転連鎖系消しモノPZG。ゲージの減る速度が加速度的に上がっていくので、速度が遅いうちに連鎖の仕込みを行っておき、速くなったところで連鎖を開始してゲージを回復させる…という独特の攻略が重要になる。らしい。

 …「らしい」なのは作者がこの手のパズルは『メガパネル』(MD、ナムコ)(要は『パネルでポン』(FC/SFC、任天堂))以外苦手としているためで、10連鎖くらいなら何とかできるのだがゲージの回復がうまく出来ずにあっという間に終わってしまうからである。うまい人の動画を見ると、連鎖の種(1回回せば連鎖する塊)をひたすら見極める…というのがコツらしい。ちなみにニコニコには505連鎖の動画が挙がっている!


 なお、このゲームは実は「入院している『あいちゃん』が夢の中で行っている(正確にはそれをプレイヤーが背後霊宜しく操っている)」ゲームということになっている。ゲームオーバーになるごとに少しずつ進んでいくストーリーは得点に応じて変化していき、高得点を取れば元気になったあいちゃんに会えるらしい…が、筆者はいつもエンド4→バッド一直線(´・ω・`) (後注:じつはその先がある模様)
 夢の中で会える男の子の正体もストーリーで変わるのかな?

 ちなみにバッドエンドの後味が半ば都市伝説化したのか、「ニコニコ動画」などで広まっている「検索してはいけない言葉」のひとつに「愛と勇気とかしわもち」が挙げられている。

 ニコニコ大百科「検索してはいけない言葉」
[PR]

# by buisochan | 2009-06-17 07:50 | Windows  

てんほう

天鳳
メーカー:C-EGG

 FLASHを使用したオンライン4人/3人打ち麻雀。無料期間終了後月額課金になるプレミアムモードと、無料のエコノミーモードがある。違いは音声等の有無、牌譜の再生機能などで、サーバやインターフェースは同一。さらにWin専用の有料版もあるが、サーバやインターフェースはやはり基本的に同じで、BGM・効果音のカスタム機能や各種解析機能を持たせた、プレミアムをさらに機能拡張したものとなっている。
 最近の対戦記録を残したり(プレミアム)、リプレイ(全モード)することも可能。また、テストプレイではツモ切りをするCPU相手に練習をすることも出来、その他ミニゲームとして『上海』『四川省』をプレイすることも出来る。肝心の麻雀対戦の予約機能も充実しており、軽快にプレイが可能だ。なお、現在の登録者数は約40万人とのこと。

 ただ、通常のオンライン麻雀と違って配牌に微妙に癖があり、役がつきやすい傾向があるように思われる。さらに、たまに確変…というか、いわゆる脱衣麻雀などのイカサマツミコミ配牌モードに切り替わることがあり、プレイヤー間で話題になっている。この気持ちよさがいい、という人もいれば邪道だと切り捨てる人もおり賛否両論だが、結局のところこれを許容できない人は『東風荘』なり『ハンゲーム』(こちらはWin専用)なりに移行すればいいわけで、『天鳳』の特色とみなされている模様。

【2ch転載】天鳳のありえない牌譜集【役満】‐ニコニコ動画(ββ)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6504943


 ハンゲーム 麻雀3
 インターネット 雀荘「東風荘」


 
[PR]

# by buisochan | 2009-06-08 22:45 | FLASH  

だっしゅつげーむシックス

6つの生き物と6つの脱出方法が待つ六角形の部屋からの脱出ゲーム シックス
メーカー:小太郎ゲーム
 定番の脱出ゲームものだが、6つ存在するアイテムは全て特にトリックなく簡単に得られ、そこには何の謎解きもない。肝心なのはこのアイテムをどのように組み合わせ使用するか…というオリジナリティのあるゲームだ。エンディングも6つ。
 組み合わせは多岐にわたり、例えば金魚入りのパンが焼けてしまったり、無意味なアイテムが出来ることも往々にある。その意味では袋小路の実に多いゲームだが、リセットをすればすぐに最初に戻ることが出来(条件は不明だが全アイテムを取得した状態まで戻ることも可能)、操作性が軽快なのでやり直しも苦痛でもない。

 なお正式名が示す通り6がキーワードのゲームだが、6つの生き物=6つのエンディングではないことに注意だ。アレの数が…。
[PR]

# by buisochan | 2009-06-07 00:29 | FLASH  

メモリーズ

Memories PSYCHIC DETECTIVE SERIES vol.2
メーカー:データウエスト

 サイキックディテクティブシリーズ第2弾。

 主人公降矢木和哉は、かつてサイコアナリスト――人間の精神世界に入り込み、そこで調査を行う探偵――をしていたがある事件をきっかけに引退、現在は通常の探偵をしている。
 その彼の許に「父の記憶を消して欲しい」という少女が訪れる。しかし少女の依頼は要領を得ず、降矢木は依頼を断った。そしてその後、「娘は精神的に不安定だ、治療をして欲しい」という当の父親が現れる。合点のいった降矢木は彼の屋敷に赴くが、振舞われた茶を飲んだ直後昏倒してしまう。そして目覚めた彼は、自分が何者かの心象世界――こころの中――にいることに気づくのであった…。

 印象的な導入で始まる『Memories』は、「想い出」に人間が持つ執念を描いた作品だ。魅力的な登場人物、CDDAを使用した美しいBGM、前作より格段にレベルアップしたCG・演出・エフェクト、余韻を残すシナリオ…など、シリーズの最高峰といっても過言ではない名作である。原作を藤田和男氏、耽美な原画は薬師寺健夫氏及び松村淳氏・越智辺昌義氏、美しいCDDAの音楽は斉藤康仁氏が担当している。
 前作と併せ、全画面表示型AVGの草分けでもある。筆者の最も好きなAVGだ。

 なお、これもリメイク版が出ている(Win版もあり)…が、ストーリーをなぞっただけで出来は大変悪く、正直勧められない。
 また、同名のエロゲーとは無関係。

 ちなみに2009/4現在、ニコニコ動画に導入部及びクライマックスの動画が上がっている。 

 Invitation
 AYA
 Orgel
 Nightmare
 SOLITUDE
[PR]

# by buisochan | 2009-04-23 01:53 | FM-TOWNS  

イミテーションシティー

IMITATION CITY
メーカー:データウエスト
 データウエストのAVG第3弾。要はブレードランナー。
 登場キャラクターの肩幅がやたらに広く、当時「全員吉川晃司」と言われた。
 ラスボスに勝てる条件が不明だった。プロテクトという説もあるが、製品版で筆者は(攻略の通りにプレイしても)勝てなかった。

 作者はアルバイトのイシイジロウ氏(原画も)。しかし氏はこのゲームの制作で当時の技術・現場環境に限界を感じゲーム作りの意欲を失い、一時リクルート関西支社に就職。しばらく職を変えた後、『SPACESHIP WARLOCK』(Mac、REACTOR)に出会い「ようやく自分の作りたいゲームを作れる時代がやってきた」とゲーム業界に復帰。『MA-RI-A~人形館の呪い』(Win/Mac、ポニーキャニオン)、『Little Lovers』(Win、日経映像・NTT出版)などを制作した(詳細は「イシイジロウインタビュー」に)。現在はチュンソフト在籍(代表作は『428~封鎖された渋谷で~』(Wii))。(後注:2010/春、レベルファイブへ移籍とのこと)

 なお、その後グレイト名義のエロゲーとして『イミテーションは愛せない』がリメイクされた。こちらは大名作。ただしイシイ氏の関与はおそらくないと思われる。
[PR]

# by buisochan | 2009-04-16 00:28 | PC-8801/mkII/SR/FH  

ワイアット

WYATT THE 4TH UNIT SERIES
メーカー:データウエスト
 第4のユニット第7作にして現在の最終作。以前は「データウエストある限り続きます!」とか言ってたのになぁ。第2部はアインハイト及びRt-12編ということだったので、それが主軸として係わらないこの作品は番外編だそうだ。…今思っても苦しい説明だが。
 でも、人がいっぱい死んでる事件が起きているのに、ブロンウィンとダルジィはひなたぼっこをしてのほほんと遊んでいた。おい。

 ところで、この作品での2人の上司は正体を隠しているが、どー見てもRt-12のNo.2「ダッシュ・ハウワー」である(クローンの可能性・逆にダッシュのほうがクローンの可能性はあるが)。
 キャラは、WWWF残党の中から切れ者として、スレッジ・アイアンサイドが登場。

 ちなみにタイトルは、自動照準型対地レーザー攻撃衛星「ワイアット」の誤爆事件が発端になっていることによる。

-------------ここまで2005/7/3------------

 なおキャラクターデザイン・作画監督は絵コンテ太郎氏(誰だ)、今回から作画監督を置きこれに高原周枝氏、グラフィック(背景・原画その他込みらしい)に五十嵐丈晴氏、小宮山高氏、宮本佳子氏、久木留かおり氏、中村一秀氏、中村賢二氏。当時のデータウエストの全戦力を投入した作品だった様子。

MERRYGOROUND
D-Again
Zero
デュアルターゲット
第4のユニット2
第4のユニット
[PR]

# by buisochan | 2009-04-16 00:18 | FM-TOWNS  

ディーアゲイン

D-Again THE 4th UNIT ACT.5
メーカー:データウエスト
 第4のユニット第5作。いきなり絵が下手になってびっくりよ。
 最初、TOWNSでDAPSを試験搭載して発売され、後に多くの機種に移植された(あくまで試験搭載だったので、TOWNS版と他機種版ではさほどの違いはない)。
 キャラは変な男「オージス・フォッファー」が登場。敵組織「WWWF」はいつのまにか内部崩壊により消滅、「アインハイト」に再構成されていた。その新兵器、強棲獣曝兵器「G-R」(ゲー・エル)初登場。

------------ここまで2005/7/11--------------

 原画家の件について、これまで一貫して担当してきた薬師寺健雄氏の他会社への就職が決まったため、パッケージアートのみ氏が担当、原画自体は社内のデザイナー(小宮山高氏、宮本佳子氏)が担当したとのこと。さすがに宮本氏の本来の画風とは違いすぎた様子。
 なお薬師寺氏は現在コナミ在籍だそうだが(Wikipedia情報)、どのような仕事をされているのだろうか。

WYATT
MERRYGOROUND
Zero
デュアルターゲット
第4のユニット2
第4のユニット
[PR]

# by buisochan | 2009-04-15 23:45 | FM-TOWNS